オススメ映画‼︎

これは観たい!7月公開予定の注目映画3選【洋画】


202107-cinema2

『イン・ザ・ハイツ』

 

夏らしくなってきて、2021年も折り返し地点!

 

というわけで、今回は2021年7月公開予定の映画のなかから注目作品をピックアップしてご紹介させていただきます!

ぜひみなさんの映画鑑賞の参考にしていただけたらうれしいです!

 

 

これは観たい!7月公開予定の注目映画3選【洋画】

今回ご紹介するのは、こちらの3作品!

『サムジンカンパニー1995』|前評判がとても高くて、期待の韓国映画! 社会派コメディです。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』|今年の第93回アカデミー賞で脚本賞を受賞した注目作!

『イン・ザ・ハイツ』|この夏いちばんの話題作といえばコレですね! 必見のミュージカル映画!

 

なんだか7月は見逃せない映画がこれでもかと公開ラッシュになっています。

 

想像していた以上に長引いたコロナウイルス感染拡大の影響も、ワクチン接種の広がりが加速し、いよいよ落ち着いていくことが期待されるこの夏!

話題の韓国映画から、アカデミー賞・脚本賞受賞作品、必見のミュージカル映画と、どれも大注目の3作品です。

 

それではさっそく、順番に見ていきましょう!

 

 

『サムジンカンパニー1995』

202107-cinema5

『サムジンカンパニー1995』

まず最初にご紹介するのは、202179日公開予定の映画『サムジンカンパニー1995』

出演は、コ・アソン、イ・ソム、パク・ヘス、など。

あらすじ

1995年・ソウル──。

大企業・サムジン電子に勤める高卒の女性社員たちは、すぐれた実務能力を持っていても、任されるのはお茶くみや書類整理など大卒社員のサポートばかりだった……。

そんななか、彼女たちに大きなチャンスが訪れる!

社の新たな方針で、TOEIC(英語能力を評価するテスト)で600点を超えたら「代理」という肩書が与えられることになったのだ。

さっそく女性社員たちは、ステップアップのため英語の勉強に励むことに……。

ところがそんなある日、ひとりの女性社員・ジャヨン(コ・アソン)が、会社の工場から汚染水が川に流出しているのを目撃してしまって……!?

>> 『サムジンカンパニー1995』公式サイト

 

国際化の流れのなかで激変していくことになった90年代の韓国を舞台に、大企業の不正に立ち向かっていく3人の高卒女性社員たちの姿を描いたコメディ映画!

クオリティの高い映画がどんどん公開される韓国映画でも、前評判がとても高くて期待を抱かずにはいられない一作です。

 

SNSでも、観た人の高評価がとても目につきます。

軽快なコメディだからこそ描ける、痛快な後味を楽しみたいと思わされる一作でもありますね。

楽しみです!

 

202107-cinema4

『サムジンカンパニー1995』

 

 

 

『プロミシング・ヤング・ウーマン』

202107-cinema7

『プロミシング・ヤング・ウーマン』

続いては、2021716日公開予定の映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』

第93回アカデミー賞・脚本賞を受賞した大注目の一作です!

出演は、キャリー・マリガン、ボー・バーナム、アリソン・ブリー、クランシー・ブラウン、ジェニファー・クーリッジ、ラバーン・コックス、コニー・ブリットン、など。

あらすじ

かつては、明るい未来を約束された若い女性(=プロミシング・ヤング・ウーマン)だと誰もが信じていた主人公・キャシー(キャリー・マリガン)

ところが、その未来はある不可解な事件によって奪われてしまった……!

そうして、大人になったキャシーはごく平凡な生活を送ることに。

しかしそんな生活のなか、夜ごと外出して謎めいた行動を繰り返すキャリーには、誰も知らない本当の目的があって……!?

>> 『プロミシング・ヤング・ウーマン』公式サイト

 

今年(2021年)第93回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演女優賞など5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞したことでも話題となった本作。

俳優・クリエイターとして幅広く活躍するエメラルド・フュネルが、自身のオリジナル脚本で挑んだ長編映画監督デビュー作でもあります!

『17歳の肖像』で注目を集めたことがきっかけとなり大スターへと登り詰めたキャリー・マリガンが、どのようにこの汚れ役を演じるのか……間違いなく見どころ満載の一作になっているはず!

 

ぜひ俳優志望の方、クリエイター志望の方にもチェックしてもらいたい注目作です!

 

202107-cinema8

『プロミシング・ヤング・ウーマン』

202107-cinema6

『プロミシング・ヤング・ウーマン』

 

 

 

『イン・ザ・ハイツ』

202107-cinema3

『イン・ザ・ハイツ』

最後にご紹介するのは、2021 730日公開予定の映画『イン・ザ・ハイツ』

出演は、アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、レスリー・グレイス、メリッサ・バレラ、オルガ・メレディス、ダフネ・ルービン=ベガ、ジミー・スミッツ、など。

あらすじ

変わりゆくニューヨークの片隅に取り残された街・ワシントンハイツ──。

その街は、祖国を遠く離れて暮らす人々によって、いつも歌とダンスであふれていた……。

そんなワシントンハイツで育った4人の若者たち(ウスナビ、ヴァネッサ、ニーナ、ベニー)は、それぞれ厳しい現実に直面しながらも夢を追っていた……。

ところがそんなある夜、ワシントンハイツで大停電が発生!

そうして、4人の若者たちの運命も大きく動き出すことになって……!?

>> 『イン・ザ・ハイツ』公式サイト

 

ピューリッツァー賞を受賞するなど社会現象になるほど大きな注目を集めたブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』の(脚本・作曲・作詞・主演)リン=マニュエル・ミランダが手がけたブロードウェイミュージカル『イン・ザ・ハイツ』を映画化した本作。

この夏いちばんの話題作といえば、間違いなくこの映画『イン・ザ・ハイツ』でしょう!

予告編をご覧になっていただければわかるとおり、「なんだかよくわからんが……熱量がハンパなさそうだ!」という、問答無用で「劇場で観なければ!」という想いに駆り立てられる一作でもあります。

ハリウッド資本でありながらアジア系俳優のみで映画『クレイジー・リッチ』を大成功に導いたジョン・M・チュウ監督が手がけているのも、大きな見どころのひとつ!

 

あまりミュージカル映画が得意ではない自分も、ぜひ劇場で観ておきたい注目作です。

 

 

まとめ

202107-cinema1

『イン・ザ・ハイツ』

いかがだったでしょうか?

今回は、20217月公開予定の注目映画を3作品ご紹介させていただきました!

 

これから夏休みに向けて、どんどん映画公開が盛り上がっていきそうな予感がします!

社会人の方は、お忙しい毎日のなかゆっくり映画をご覧になる機会も少ないかと思いますが……もし気になる作品があれば、ぜひ映画鑑賞の参考にしていただけたらうれしいです!

 

オススメ映画の記事一覧はこちら!

 

「映画館へ行くヒマはないなぁ」という方は、ぜひAmazonプライムやU-NEXTなど配信サービスで、ぜひ映画鑑賞をお楽しみください!

 

僕はどちらも利用していますが、手軽にいつでも映画や雑誌を観られるので重宝しています!

 

まだ動画配信サービスを利用されていない方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

U-NEXT「31日間の無料体験トライアル」がお得なポイント!

31日間の無料お試し期間あり!(実際に登録してみて、もし合わなければ無料期間中に退会すればOK!実質無料で利用できます)

21万本以上の映画・動画が見放題!(映画・アニメ・ドラマの見放題作品数No1!)

書籍・漫画・ラノベ合計63万冊以上!(110誌以上の雑誌が読み放題!)

毎月1,200ポイントがもらえる!

無料期間中に600円分のポイントが利用可能!

利用料金は、月額2,189円(税込)

 

というわけで、今回は以上「これは観たい!7月公開予定の注目映画3選【洋画】」でした!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた!

 

人気記事 【映画業界・エンタメ業界】に強い求人サイト・転職エージェント3選 

人気記事 【副業で稼ごう】やりやすい副業7選!【スキル不要】

 

\ ぜひこちらの応援クリックもお願いします! /

 

 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

▶︎映画監督・脚本家|映像制作をやっています。 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-オススメ映画‼︎
-,

© 2021 映画監督|浅野晋康ブログ