仕事・副業

「メタバース」「NFT」とは?【2022年のトレンドを学ぼう!】


meta-nft

「メタバース」「NFT」とは?【2022年のトレンドを学ぼう!】

 

最近話題のキーワード「メタバース」とか「NFT」とか、いまいちよくわからないんです……。

 

今回はそんな方に向けて、2022年の「トレンド」「ビジネス」「世界」の変化を読み解く重要なキーワードともなっている「メタバース」と「NFT」について書かせていただきます!

 

専門職のビジネスパーソンでなくとも、理解しておきたいキーワードですよね。

興味のある方は、ぜひお時間あるときにでも読んでみてください!

こんな方におすすめ

  • 「メタバース」がなにかよくわからない方
  • 「NFT」がなにかよくわからない方
  • どうして「メタバース」や「NFT」が注目されているか知りたい方

 

「メタバース」「NFT」とは?【2022年のトレンドを学ぼう!】

2020年〜2021年の2年間は、新型コロナウイルス感染拡大が僕たちの生活にも世界の経済活動にも大きく影響しました。

そんななか、さまざまな技術革新によって大きな変化が起きています。

 

「メタバース」「NFT」は、まさにその「大きな変化」を代表するような重要なものといえるのではないでしょうか。

 

というわけで、さっそく順番に見ていきましょう!

 

メタバース

meta-nft3

「メタバース」「NFT」とは?【2022年のトレンドを学ぼう!】

 

まずは、メタバースの意味から。

メタバースとは?

メタバースをひと言でいえば、「インターネット上に仮想的に作られた、もうひとつの世界」のこと。

つまり、メタバース(仮想世界)のなかで、ユーザーは自分の代わりとなるアバターを操作し、他者と交流することになります。

 

そんなメタバースに注目が集まったきっかけのひとつが、2021年8月にフェイスブックが発表したVR(仮想現実)用のワークスペース「Horizon Workrooms(ホライゾンワークルームズ)

そして、同年10月に社名を「Meta Platforms(メタ・プラットフォームズ)に変更したことです。

関連サイト

>> Meta

>> Horizon Workrooms

 

 

メタバース関連の動き

一方、日本でもメタバース構築を目指す動きは加速中です。

2021年8月には、グリーが子会社REALITYを中心にメタバース事業への本格参戦を発表。

今後2〜3年で100億円規模の事業投資を行う計画だといいます。

関連サイト

 

また、こうしたメタバースのビジネスに期待が高まっている背景には、デジタルデータによる電子的な証明書を付与できるNFT(非代替性トークン)の存在があります。

NFTの詳細については後述しますが……NFTの登場によって、「メタバース内での売買が活発化する可能性が高い」と考えられているのです。

 

つまり、メタバース内での経済活動に大きなチャンスがあるということですね!

 

メタバース化はすでに始まっている!

さらにもうひとつの背景としては……オンラインゲームが進化し、メタバース型のサービスが多数現れ、すでに多くのユーザーを集めているという事実です。

 

メタバースは、すでにゲームやSNSの延長線上として、多くの人が交流する場が成立しているんです!

 

そんななか、米国を中心に急拡大しているのが、オンラインゲームプラットフォームの「Roblox(ロブロックス)

「Roblox(ロブロックス)」では、ユーザーがゲームを作れたり、デジタルアイテムを制作・販売してゲーム内通貨を獲得することも可能で、さらにそのゲーム内通貨を現金化する方法もあるようです。

関連サイト

>> Roblox

 

メタバースの今後は?

ここまで見てきたように、現在すでに数千〜数億人が交流するデジタルの世界が続々とメタバース化しつつあります。

そして、そこでは無視できない規模の経済が回り始めているのです。

 

デジタル関連の変化に対してぼんやりとしたイメージしか持っていないと、「生活のすべてがデジタル化する」というような印象を持ってしまうかもしれませんが、当然そんなことが突然起こるわけはありません。

そんなドラマチックなイメージとはまるで違うカタチで、すでに現実は大きく変化してきているのです。

 

あまり苦手意識を持たないで、少しずつでもその変化について学んでいくことが、この大きな変化に取り残されないためには大切なことかもしれませんね。

僕も、引き続き学んでいこうと思っています!

 

NFT

meta-nft2

「メタバース」「NFT」とは?【2022年のトレンドを学ぼう!】

 

続いては、上記でも触れたNFTについてです。

NFTとは?

NFTは、Non-Fungible Tokenの略。

その意味は、「非代替性トークン」です。

 

非代替性? トークン?……難解すぎて、なにもわかりません……。

 

もしかするとそんな方もいらっしゃるかもしれませんが……

「非代替性トークン」をひと言でいえば、「持ち主を限定できるようにしたデジタルデータ」のこと。

 

デジタルデータというのは、誰でも簡単に複製(コピー)できてしまうわけですが、NFTを利用すれば、「これがオリジナルであると証明すること」や「数量限定の販売」などが容易に行えるというわけです!

 

NFT関連の動き

そんなNFTが注目されたのは、2021年3月にデジタルアーティスト・ビープルの作品が、クリスティーズのオークションで約75億円という高額で落札されたこと。

関連サイト

 

一方、日本でも2021年8月には「楽天グループがNFT事業参入」、9月には「西武ライオンズのNFT商品が発売」などのニュースが話題になりました。

関連サイト

 

また、現在、最大級のNFTプラットフォームとして知られているのは「OpenSea」です。

関連サイト

>> OpenSea

 

ところで、そもそもこのNFTによって、なにが変わるのでしょうか?

 

その変化について、やはりひと言でいえば、NFTによって今後「デジタルコンテンツを保有する」こと全般に大きな変化が起きると考えられるのです。

 

NFTでなにが変わるか?

NFTによるデジタルコンテンツの保有体験が広がっていくと……

「CDを買って自分の好きなプレーヤー・好きな場所で聴き、不要になったら売る」……というような、これまでのリアルな体験と同じことがデジタル商品でも可能になっていくでしょう。

さらに、そうしたNFTを利用した経済活動の場として、メタバース(仮想世界)が注目されてもいるわけです。

 

メタバースとNFTによって、僕たちの生活は「オフラインとオンライン」「リアルと仮想世界」がさらにシームレスになって、「より便利なもの」へと変貌していくのかもしれません。

 

ブロックチェーンについて

さて、最後にもう1点だけ。

NFTは、「ブロックチェーン(分散型台帳)」の仕組みによって成り立っています。

そして、NFTの決済は暗号資産(仮想通貨)で行われています。

 

こちらも簡単に言えば……

ブロックチェーンの仕組みというのは、「デジタル情報の改ざんを困難にする」もの。

 

正直これは、とてもすごい大発明だったわけですね。

 

なので……

 

ブロックチェーンとか暗号資産(仮想通貨)とかビットコインとか、なんだか怪しいんだよなぁ。

 

もしも、未だにそんな認識をされている方がいらっしゃったら、ぶっちゃけ根本的な理解が必要になってくると思いますので、ぜひ少しずつでも勉強していくことをお勧めします。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、2022年の「トレンド」「ビジネス」「世界」の変化を読み解く重要なキーワード「メタバース」と「NFT」について書かせていただきました!

 

「メタバース」「ブロックチェーン」「暗号資産」「NFT」……このように、さまざまな技術革新がドッキングして、これからの5〜10年で世界の姿は間違いなく大きく変貌していくと思われます。

 

10年後の未来は、いったいどのような日常が目の前に広がっているのでしょうか?

その未来をワクワクしながら生きていくためにも、「いまこの世界ではいったいなにが起きているのか?」を正しく理解しておきたいですね!

下記に参考書籍を挙げていますので、さらに詳しく知りたい方は手にとってみてください。

僕も、引き続き楽しみながら学んでいこうと思います!

 

といったわけで、今回は以上「「メタバース」「NFT」とは?【2022年のトレンドを学ぼう!】」でした!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた!

 

参考書籍

 

 

 

人気記事 【映画業界・エンタメ業界】に強い求人サイト・転職エージェント3選 

人気記事 【副業で稼ごう】やりやすい副業7選!【スキル不要】

 

\ ぜひこちらの応援クリックもお願いします! /

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

▶︎映画監督・脚本家|映像制作をやっています。 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-仕事・副業
-

© 2022 Director's Cut|映画監督・浅野晋康ブログ