オススメ映画‼︎

たまに観るならコレ!リチャード・カーティスのおすすめラブコメ映画

9月 25, 2020


richard-curtis

たまに観るならコレ!リチャード・カーティスのおすすめラブコメ映画

 

普段ほとんど映画って観ないんですけど……

久しぶりになにか観てみようかなと思ってます。

なにか、面白い映画ってありますか?

 

今回は、こんな疑問にお答えしたいと思います!

 

とはいえ、ぶっちゃけ「どんなものを“面白い”と感じるか」人それぞれ

どのような映画をおすすめすれば良いか迷うところですが……

 

今回は、多くの映画ファンからも評価・好感度が高い、リチャード・カーティスの手がけた映画をご紹介したいと思いますっ!

こんな方におすすめ

  • 面白い映画が観たい方
  • 多くの映画ファンから高評価されている映画が観たい方
  • 映画選びで失敗したくない方

 

たまに観るならコレ!リチャード・カーティスのおすすめラブコメ映画

リチャードカーティス

リチャード・カーティス

まずは、ざっくりとリチャード・カーティスのプロフィールを見てみましょう。

リチャード・カーティス

1956年11月8日生まれ。ニュージーランド出身の脚本家・映画監督

大学卒業後、テレビドラマの脚本家として活動し、『Mr.ビーン』シリーズなどに携わる。

1995年に、映画『フォー・ウェディング』第67回アカデミー賞・脚本賞にノミネート

それ以降は、『ノッティングヒルの恋人』『ブリジット・ジョーンズの日記』や、監督も手がけた『ラブ・アクチュアリー』『パイレーツ・ロック』『アバウト・タイム 愛おしい時間について』など大ヒット作品を連発!

また、2019年公開の映画『イエスタデイ』(監督:ダニー・ボイル)で、製作・脚本を務めたことも大きな話題となった。

 

リチャード・カーティスという名前は認識していなかった方でも、『ノッティングヒルの恋人』『ブリジット・ジョーンズの日記』『ラブ・アクチュアリー』などのタイトルは耳にされたことがあるのではないでしょうか?

 

大人気作品ばかりなので、ご覧になった方もきっと多いですよね!

『ノッティングヒルの恋人』は僕も大好きな映画です。

 

今回は、「普段ほとんど映画を観ない」という方に向けて、そんなリチャード・カーティスが手がけたロマンティック・コメディ(ラブコメ)を3作品おすすめしたいと思います!

 

『ノッティングヒルの恋人』

『ノッティングヒルの恋人』

『ノッティングヒルの恋人』

まず最初にご紹介するのは、1999年に公開された大ヒット映画『ノッティングヒルの恋人』

出演は、ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラント、ヒュー・ボネビル、リス・エヴァンス、ジーナ・マッキー、など。

あらすじ

ロンドン西部・ノッティングヒルで小さな書店を営む主人公・ウィリアム(ヒュー・グラント)

ある日、ウィリアムの店に、世界的に有名なハリウッド女優・アナ(ジュリア・ロバーツ)が偶然訪れる。

するとその後、小さなアクシデントから洋服を汚してしまったアナは、近くにあるウィリアムの自宅に行くことになって……!?

 

 

サエない男が、ハリウッドの人気女優と恋に落ちる……という、現代版の逆シンデレラストーリーといったところでしょうか。

現実には到底ありえないファンタジックな設定ですが、呆れることなくグッと心を掴まれます

 

笑えるし、泣けるし、ほんとリチャード・カーティスの脚本が秀逸ですね。

僕は心から大好きな映画です。

主演俳優ふたり(ジュリア・ロバーツとヒュー・グラント)の演技も最高!

 

普段ほとんど映画をご覧にならない方が、たまに観るならこんな映画が観やすくていいんじゃないかと思います。

イチオシです!

 

 

『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』

『アバウトタイム愛おしい時間について』

『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』

続いては、2014年に公開された映画『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』

出演は、ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、トム・ホランダー、マーゴット・ロビー、など。

あらすじ

イギリス南西部に住む主人公の青年・ティム(ドーナル・グリーソン)は、いつも自分に自信がなく、恋人もできずにいた……。

そんなある日、21歳の誕生日を迎えたティムは、父親(ビル・ナイ)から「我が家の男たちには、タイムトラベルの能力がある」と知らされる……。

そうして、自身の能力を使ってタイムトラベルを繰り返すようになったティムは、やがて、魅力的な女性・メアリー(レイチェル・マクアダムス)と出会うのだが……!?

 

 

『ノッティングヒルの恋人』同様、本作もかなりファンタジックな設定ですね。

そして、イギリス人男性(ドーナル・グリーソン)カナダ人女性(レイチェル・マクアダムス)という俳優の組み合わせ(主人公とヒロイン)も、もしかしたら、『ノッティングヒルの恋人』を踏襲したものかもしれません。

まあ、いずれにしても、ファンタジックな設定(本作であればタイムトラベル)という大きな嘘の中で、主人公たちの生き方・感情・選択などは誠実に描いていく(小さな嘘を重ねることなく、大げさになりすぎない)というのが、脚本家リチャード・カーティスの特徴であり、多くの観客の心に届く作品を生み出している理由なのかもしれませんね。

 

けっしてユーモアを忘れないところも、リチャード・カーティス作品の良さですよね。

笑えるって、本当にすごいことだなと思います!

 

『ノッティングヒルの恋人』が気に入った方は、ぜひ『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』もご覧になってみてはいかがでしょうか。

可愛らしいロマンティック・コメディ映画です。

おすすめ!

 

 

『イエスタデイ』

『イエスタデイ』

『イエスタデイ』

次にご紹介するのは、2019年に公開された映画『イエスタデイ』です!

出演は、ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ジョエル・フライ、エド・シーラン、ケイト・マッキノン、ジェームズ・コーデン、ロバート・カーライル、など。

あらすじ

小さな海辺の町で暮らす主人公・ジャック(ヒメーシュ・パテル)は、シンガーソングライターとして活動しているものの、まったく売れず、音楽で有名になる夢をあきらめかけていた……。

そんなある日、世界規模の停電が原因で、ジャックは交通事故に遭遇し昏睡状態に……!

やがて、ジャックは無事に目を覚ますが、なぜかそこは音楽史上もっとも有名なバンド「ザ・ビートルズ」が存在しない世界になっていて……!?

 

 

これまたリチャード・カーティスお得意の、「ビートルズが存在しない世界」という大きな嘘をベースにしたファンタジックな世界の中で描かれていくヒューマン・コメディー!

ヒロインがとても魅力的なのもリチャード・カーティス作品の特徴ですが、本作でもリリー・ジェームズがとっても良いですね!

 

監督は、『トレインスポッティング』や『スラムドッグ・ミリオネア』、『スティーブ・ジョブズ』『ザ・ビーチ』『28日後…』などのダニー・ボイル

エド・シーランが本人役でかなりガッツリ出演しているのも、見どころのひとつです!

 

ラブコメよりも、青春映画や音楽モノの方が興味が持てそうだなという方には、『イエスタデイ』がおすすめ!

逆に、音楽にあまり興味がないという方には、ぜひこの映画をきっかけにビートルズの音楽の魅力にも触れていただけたら嬉しいです!

おすすめですっ!

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、リチャード・カーティスの手がけたおすすめラブコメ映画3選をご紹介させていただきました。

 

今回ご紹介した作品の他にも、『ラブアクチュアリー』『パイレーツ・ロック』『戦火の馬』など面白い作品をたくさん手がけているので、これを機会に興味をもたれた方は、ぜひいろいろ観てみてください!

 

なかでも、映画ファンの方にぜひおすすめしたいのは、『戦火の馬』

 

『戦火の馬』は、リチャード・カーティスが共同脚本として名を連ねているスティーブン・スピルバーグ監督作品ですが、「馬が主人公の映画が、どうしてこんなに面白いのか」と思わず呆然としてしまう一作です。

ぜひ、合わせてお楽しみください!

 

『ラブ・アクチュアリー』

 

戦火の馬

>> Amazonプライムで『戦火の馬』を観る

現在(2021年11月)U-NEXTで『戦火の馬』の配信はありません

 

 

ちなみに僕は、AmazonプライムU-NEXTを利用していますが、どちらも作品数が多く手軽に映画鑑賞ができてオススメですよ。

 

 

というわけで、今回は以上「たまに観るならコレ!リチャード・カーティスのおすすめラブコメ映画」でした!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた。

 

U-NEXT|31日間 無料体験トライアル

お得なポイント

  • 31日間の無料お試し期間がある!
  • 21万本の映画・ドラマ・アニメが見放題!
  • 無料期間中に600円分のポイントが利用可能!

>> 日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

人気記事 【副業で稼ごう】やりやすい副業7選!【スキル不要】

人気記事 【映画業界・エンタメ業界】に強い求人サイト・転職エージェント3選 

 

\ ぜひこちらも応援クリックお願いします! /

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

▶︎映画監督・脚本家|映像制作をやっています。 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-オススメ映画‼︎
-,

© 2021 映画監督|浅野晋康ブログ