シリーズ初体験‼︎ タイ旅行 タイ旅行2018 海外旅行

はじめてタイ旅行に行った男(2)アユタヤで命の危機!?

投稿日:7月 19, 2019 更新日:


ワット・プラ・シーサンペット。

ワット・プラ・シーサンペット(アユタヤ)。

 

さて、そんなこんなで、ついにタイ旅行へとやって来た僕とあひる君

 

いまから1年前、2018年6月のことです。

 

はじめてタイ旅行に行った男(1)タイは危険?

 

 

タクシーに乗らない移動手段は?

 

6月某日・午後。

成田空港を早朝に出発したエアアジアで、タイのドンムアン空港へと降り立った僕たちの前に最初に立ちはだかったのが、どうやって宿泊するホテルまで移動するか? という問題です。

 

タクシーは基本的にボッタクリだ!

 

というあひる君の情報にビクビクしながら、入国審査を終えた僕は、空港を出るとあたりをキョロキョロ。怪しいタクシー運転手たちが群がってくるんじゃないかと身構えます。

すると、あひる君が颯爽と歩き出しながら言いました。

 

こっちだ! アレに乗るぞ!

 

あ、はい……。

 

あひる君に促されて向かったのは……空港前にあるバス停!

 

なるほど! バスという手がありましたね!

 

そうだ。我々庶民の交通手段はバスで十分だ! 安いし、現地の生活が感じられて、良いことばかりだ。

 

そうですね!

 

というわけで、空港発のバスに30分ほど揺られていると、とある駅に到着しました。

どうやらそこが終点らしく、乗客がみんな降りて行きます。

 

よし、次は電車に乗り換えだ! 着いて来い!

 

あ、はい……。

 

なんだかよくわかりませんが、あひる君は、まるではじめてのタイ旅行とは思えないほど確信めいた口調と足取りで僕を先導して行きます。

 

あのう……あひる君、ほんとうにタイ旅行は初めてなんですか?

 

そうだ、初めてだ。そもそも海外旅行というものが初めての経験だ!

 

でも、足取りに迷いが感じられないんですけれど……?

 

ふっ、そんなことが気になっていたのか。

 

はい。どうしてなんでしょう?

 

それはな……これだ!

 

と、あひる君が差し出したのは、スマホでした。

 

いまの時代、インターネットには、ありとあらゆる情報がアップされているんだよ! キミも、もっとインターネットを活用したまえ!

 

なるほど、そうだったんですか……。

 

もちろん僕も普段からスマホを使っているとはいえ、「ドンムアン空港からバンコク市内に移動する方法」などという情報が、インターネットにゴロゴロ転がっているとは、それまで考えたこともありませんでした。

 

そうかぁ、いまはみんなインターネットなんですねぇ。

 

まったくキミは、いまさらなにを言ってるんだ。インターネットだよ。すべてがインターネットだ!

 

そう言い切るあひる君の姿は、もはや神々しさすら感じさせ、思わず僕はつぶやきました。

 

すごいな、あひる君……。

 

もはや、あひる君などという気軽な愛称ではなく、あひる師匠と敬意を込めてその名を呼ぶことにしなければいけない。

僕は、そう心に誓ったのでした。

 

 

電車に乗ってアユタヤへ!

 

インターネットを駆使したあひる師匠の正確無比なアテンドにより、無事にホテルへと到着した僕たちは、バンコクが想像以上にパワフルで現代的な国際都市であることに驚愕しながらも、その翌日からタイ観光を満喫することになったのでした。

 

まず僕たちがどこへ向かったかというと……

 

アユタヤです!

 

もはや、カーナビか!というくらい快適なあひる師匠のアテンドで、僕たちはサクサクとアユタヤへ向かいました。

 

まずは、ホテルの最寄り駅から地下鉄に乗り、30分ほどで乗り換え。

今度は、ローカルな鈍行列車で1時間少し揺られていると……

 

アユタヤに向かう電車。

アユタヤに向かう電車のなか。

 

やって来ました、アユタヤ駅!

 

アユタヤ駅。

アユタヤ駅。

 

そこから渡し船で川を渡って、その先にあったレンタルサイクル屋で自転車を借りて、えっさほいさと自転車を漕ぎながら、アユタヤの寺を回ったのです。

 

ワット・マハタート。

ワット・マハタート。

ワット・マハタート。

ワット・マハタート。

ワット・マハタートの仏頭。

ワット・マハタート(アユタヤ)、木の根本にある仏頭。

ワット・マハタートの仏頭2。

ワット・マハタートの仏頭。

 

寺を回っている道中、雑学に詳しいあひる師匠がしきりに話を聞かせてくれます。

 

江戸時代に、アユタヤにやって来て高官になった山田長政(やまだ・ながまさ)という人物がいたんだよ。

 

あ、そうなんですか。

 

うん。で、その山田長政がね……。

 

なんか、いろいろ話してくれたんですけど、いかんせん、僕はまったく興味がなかったんですよ。

 

へぇ、そうなんですか。すごい人がいたんですねぇ。

 

そんな相槌をうちながらも、ほとんどあひる師匠の話は僕の頭に入ってこなかったのでした……。

 

ワット・マハタート。

ワット・マハタート。

ワット・マハタートの頭部を切り落とされた像。

ワット・マハタートの頭部を切り落とされた像。

ワット・マハタート。

ワット・マハタート。

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット。

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット(アユタヤ)。

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット。

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット。

 

 

アユタヤ観光で、まさかの命の危機!

 

まあ、そんな感じでアユタヤ観光を楽しんだ僕たちは、昼食を食べたあと自転車を返却し、バンコクへと戻ることにしました。

 

師匠、帰りはやっぱり電車ですか?

 

いや、今度はロットゥーだ!

 

ロットゥー?

 

ロットゥーというのは、いわゆる、乗り合いバンだな。この先に、その乗り場があるはずなんだが……。

 

そういって、やはりスマホ片手に先導してくれるあひる師匠

ところが、その後ろ姿がどことなく元気がないように感じます。

 

師匠、どうかしました?

 

ちょっと、ヤバいかもしれない……。

 

え!?

 

さっきから、頭が割れるように痛いんだ……。

 

それって、もしかして……。

 

そうです。

あひる師匠は、どうやら熱中症になりかかっているようなのです!

それもそのはず、ただでさえ暑いタイの日差しは強烈で、歩いているだけでも汗が噴き出してくるのですが、その日は朝からドピーカン! ほとんど日陰のないアユタヤは、息苦しいほどの暑さだったのです!

さらにそんななか、あひる師匠は、帽子もかぶらずに自転車を漕いで汗まみれになっていたのですから、熱中症になっても不思議はありません。

 

師匠、大丈夫ですか?

 

ダメだ。暑さにやられた……死ぬかもしれない。

 

そんな……。

 

ヤバい。吐きそうだ……ほんとうに死ぬかもしれない。

 

くそぉ……熱中症はノーマークでしたね。僕たち、警察やタクシー運転手とトラブルにならないようにってことばかり考えていたせいで、まさか暑さに殺されるなんて、考えてもみなかったですね……。

 

インターネットの情報を頼ったばっかりに、足元をすくわれたな……いかん、これは本格的にヤバいぞ……。

 

ど、どうしましょう?

 

うむ……ひとまず、あそこに避難するとしよう。

 

あひる師匠がそう言って入って行ったのは、近くにあったセブンイレブンです。

 

タイには、ほんと至るところにセブンイレブンがあって、とっても便利なのです。

しかも、店内はこれでもかってくらい冷房が効いています。

ペットボトルのお水は、7バーツくらいです。

(現在のレートは、1バーツ=約3.5円。なので、24.5円くらいです。)

 

そんなわけで、しばらくすると、火照った体を冷房で落ち着かせたあひる師匠が、アイスクリーム片手に元気よく店から出てきました。

 

いやぁ、暑いとアイスが美味いなぁ!

 

さきほどまで死にそうな顔をしていたのに、すっかり笑顔でアイスを頬張っています。

 

え、もう大丈夫なんですか?

 

もう大丈夫だ! バファリンをたらふく飲んだから、ひとまず命の危機は去った。

 

バファリンを、たらふく?

 

ああ。目一杯飲んだ。もう大丈夫だ。

 

……。

 

ほんとうに大丈夫なんでしょうか? というか、バファリンはたらふく飲むものなのでしょうか?

いろいろ疑問を感じながらも、あひる師匠の体調が回復したことを喜びながら、僕たちはロットゥーに乗ってバンコクに戻ったのでした……。

 

(つづく)

 

タイ旅行に役立つリンク(外部サイト)です!

はじめてタイ旅行に行った男(3)激辛タイ料理!

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

【映画監督・脚本家×ブログ】 ▶︎楽しくブログ運営&育成中! ▶︎演劇[エマニュエル]主宰 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-シリーズ初体験‼︎, タイ旅行, タイ旅行2018, 海外旅行
-, , ,

Copyright© 映画監督|浅野晋康ブログ , 2020 All Rights Reserved.