オススメ映画‼︎ 映画

【Amazonプライムで観る】ペネロペ・クルス出演の傑作映画!

投稿日:5月 28, 2020 更新日:


映画『ブロウ』

映画『ブロウ』

 

 

先日、ペドロ・アルモドバル監督の新作映画『ペイン・アンド・グローリー』の紹介記事をアップしました。

今回は、『ペイン・アンド・グローリー』にも出演している女優ペネロペ・クルスに注目したいと思います!

 

>> 『ペイン・アンド・グローリー』の記事はこちら!

ペドロ・アルモドバル監督最新作『ペイン・アンド・グローリー』公開

 

スペインを代表する大女優へと昇りつめたペネロペ・クルスの出演作品は数多くありますが、今回はその中から、選りすぐりの5作品をご紹介します!

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

 

【Amazonプライムで観る】ペネロペ・クルス出演の傑作映画!

 

今回ご紹介するのは、下記の5作品!

『ブロウ』|早逝してしまったテッド・デミ監督の傑作映画! めちゃくちゃ面白くて、映画ファン必見の作品です!

『ボルベール〈帰郷〉』|主演ペネロペ・クルスを含め、出演女優6人がそろってカンヌ国際映画祭・最優秀女優賞を受賞した必見作!

『エレジー』|フィリップ・ロスの原作小説を映画化した見逃せない一作。セクシーな女子学生を演じるペネロペ・クルスも魅力たっぷりです。

『ローマでアモーレ』|ローマを舞台にしたウディ・アレン監督の群像ラブコメディ。気軽に楽しめる映画です!

『トリコロールに燃えて』|あまり話題にならない作品ですが、こちらも傑作です! ぜひたくさんの人に観て欲しいオススメ映画!

 

それぞれの作品をご案内する前に、まずはペネロペ・クルスのプロフィールについてサラッとご紹介します。

 

 

ペネロペ・クルス

ペネロペクルス

ペネロペ・クルス

 

ペネロペ・クルスは、1974年生まれ・スペイン・マドリード出身の女優です。

10代の頃からテレビやミュージックビデオに出演した後、1992年公開の『ハモン・ハモン』で映画初出演。

2006年には、映画『ボルベール〈帰郷〉』で、スペイン人女優として初めてのアカデミー賞・主演女優賞にノミネート。

2008年には、ウディ・アレン監督の映画『それでも恋するバルセロナ』で、スペイン人女優として初めてアカデミー賞・助演女優賞を受賞しました。

また2010年には、同郷のハビエル・バルデムとの結婚でも話題になりました。

最新作は、6月19日公開予定の映画『ペイン・アンド・グローリー』

>> ペネロペ・クルスのインスタグラムはこちらへどうぞ。

 

世界的に活躍している俳優には共通していることだと思いますが、ペネロペ・クルスもまた、とてつもなくうまい俳優だと思います。

そして、世間が求める「セクシーで少し下品なたくましいスペイン人女性」というステレオタイプをうまく利用することで、世界的なトップスターへと昇りつめていきました。

 

スペイン映画『オープン・ユア・アイズ』と、そのリメイク作『バニラ・スカイ』における、ペネロペ・クルスの役柄の演じ分けは聡明としか言いようがないです。

美しい外見を持ち、頭がいい俳優というのは、ほんとうに魅力的で興味深くて怖い存在ですね。

 

というわけで、ここからはそんなペネロペ・クルスの出演映画を、順番にご紹介していきます!

 

 

『ブロウ』

 

最初にご紹介するのは、2001年に公開された映画『ブロウ』です。

出演は、ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ポール・ルーベンス、フランカ・ポテンテ、レイチェル・グリフィス、レイ・リオッタなど。

あらすじ

不幸な少年時代を過ごした主人公・ジョージは、貧乏暮らししか出来なかった両親に対する反発から、「金が欲しい。良い生活がしたい」と心に決める……。

そうして、青年になったジョージはカリフォルニアに移り住み、マリファナの元締めと出会うことに……。

やがて、才気を発揮したジョージは、カリスマ的な存在へと昇りつめ、巨万の富を手にするのだが……!?

 

エンタメ作品としても、映画ファンが満足する作品としても、ほんとにめちゃくちゃ面白い傑作映画です!

監督を努めたテッド・デミには感服するほかないですし、もっともっとたくさんの映画を生み出して欲しかったのですが……早逝されたことがほんとに残念でなりません。

ちなみに、ペネロペ・クルスは物語の中盤に登場し、主人公と人生を共にする魅惑的な女性を演じています。

必見です!

※ テッド・デミ …… 1963年生まれ・アメリカ出身の映画監督。ジョナサン・デミの甥でもある。2002年、心臓発作のため急逝した。

 

>> Amazonプライムで『ブロウ』を観る。

>> U-NEXT でも観られます。

映画『ブロウ』

映画『ブロウ』

 

 

『ボルベール〈帰郷〉』

 

続いては、2007年に公開された映画『ボルベール〈帰郷〉』

出演は、ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ヨアンナ・コバ、ブランカ・ポルティージョ、ロラ・ドゥエニャスなど。

あらすじ

失業中の夫と15歳のひとり娘を養っている主人公・ライムンダ。

ある日、叔母の訃報に接したライムンダは故郷ラ・マンチャへ向かう……。

すると、火事で亡くなったはずの母親の姿を見た、という噂を耳にして……!?

その後、自宅に戻ったライムンダは、思いがけない事態に遭遇することになるのだが……!?

 

本作で、ペネロペ・クルスは第79回アカデミー賞・主演女優賞にスペイン人女優として初めてノミネートされました。

さらに、同年の第59回カンヌ国際映画祭では、主演ペネロペ・クルスとその他の出演女優陣・全6人が全員そろって最優秀女優賞に輝き、大きな話題に!

女優たちの美しさ、強さ、たくましさ、繊細さを楽しみたい一作。

ぜひご覧ください!

 

>> Amazonプライムで『ボルベール〈帰郷〉』を観る。

>> U-NEXT でも観られます。

映画『ボルベール帰郷』

映画『ボルベール〈帰郷〉』

 

 

『エレジー』

 

次にご紹介するのは、2009年に公開された映画『エレジー』

出演は、ペネロペ・クルス、ベン・キングズレー、デニス・ホッパー、パトリシア・クラークソン、ピーター・サースガード、デボラ・ハリーなど。

あらすじ

大学教授のデビッドは、女子学生コンスエラと出会い、心惹かれる……。

やがて、30歳の年齢差がありながら自由な恋愛を楽しみはじめたデビッドとコンスエラだったが……!?

 

あらすじだけ読むと、なんとなく、エロ親父がセクシーな若い女性を食い物にするしょーもない「願望」とか、おっさんのダサい「ロマン」とか「センチメンタル」がへばりついた作品を想像してしまいがちだと思うんですが……

そうした危惧は監督の手腕によって回避され、味わいのある一作となっています。

ペネロペ・クルスも、女子学生役をとても魅力的に演じています。

原作小説は、アメリカの文豪フィリップ・ロスの『ダイング・アニマル』。

単なるちょいエロ映画とは違う深みがあるのは、フィリップ・ロスの原作が素晴らしいというのも大きな理由ですね。

映画と合わせて原作小説もオススメです!

 

>> Amazonプライムで『エレジー』を観る。

>> U-NEXT でも観られます。

 

映画『エレジー』

映画『エレジー』

 

 

『ローマでアモーレ』

 

続いては、2013年に公開された映画『ローマでアモーレ』

出演は、ウディ・アレン、アレック・ボールドウィン、ロベルト・ベニーニ、ペネロペ・クルス、ジュディ・デイビス、ジェシー・アイゼンバーグ、グレタ・ガーウィグ、エレン・ペイジなど。

あらすじ

ローマでイケメン青年と婚約した娘のもとへ、アメリカからやって来た元オペラ演出家の父親。

恋人の親友で、小悪魔的な魅力のある女優に恋をしてしまう青年。

田舎からやって来た純朴な新婚カップルのもとに現れた、セクシーなコールガール。

なぜか、突然注目を集める大スターに祭り上げられた平凡な中年男。

ローマを舞台に、4つのエピソードが描かれていく……。

 

ウディ・アレン監督が手がける、安定の群像ラブコメディ。

ペネロペ・クルスは、セクシーなコールガールを魅力たっぷりに演じています。

コメディ作品がお好きな方には、こちらがオススメです!

 

>> Amazonプライムで『ローマでアモーレ』を観る。

映画『ローマでアモーレ』

映画『ローマでアモーレ』

 

 

『トリコロールに燃えて』

 

最後は、2004年に公開された映画『トリコロールに燃えて』

この作品だけは、現在Amazonプライムでの配信が行われていないのですが、イチオシと言っていいオススメ映画なので合わせてご紹介します!

出演は、シャーリーズ・セロン、ペネロペ・クルス、スチュアート・タウンゼント、トーマス・クレッチマン、スティーブン・バーコフなど。

あらすじ

ある日、貧乏学生・ガイは、上流階級の美しい女性・ギルダと一夜を共にする……。

やがて、ガイはパリに渡ったギルダに誘われて、彼女の友人・ミアと3人で暮らすことに……。

ところが、次第にヨーロッパには戦争の影が迫って来て……!?

 

ジョン・ダイガン監督の傑作映画です!

戦争に翻弄された女性の半生を演じた主演シャーリーズ・セロンの熱演も見どころのひとつ。

ペネロペ・クルスは、友人ミア役を演じています。

歴史の勉強という意味でも、若い人にはぜひ観てもらいたい一作。

オススメです!

現在(2020年5月)、『トリコロールに燃えて』は、Amazonプライム・U-NEXTともに配信がありません。

 

映画『トリコロールに燃えて』

映画『トリコロールに燃えて』

 

 

まとめ・無料で視聴する方法をご案内!

 

いかがだったでしょうか?

今回は、女優ペネロペ・クルスがこれまでに出演した映画のなかから、選りすぐりの5作品を紹介させていただきました!

『ブロウ』|早逝してしまったテッド・デミ監督の傑作映画! めちゃくちゃ面白くて、映画ファン必見の作品です!

『ボルベール〈帰郷〉』|主演ペネロペ・クルスを含め、出演女優6人がそろってカンヌ国際映画祭・最優秀女優賞を受賞した必見作!

『エレジー』|フィリップ・ロスの原作小説を映画化した見逃せない一作。セクシーな女子学生を演じるペネロペ・クルスも魅力たっぷりです。

『ローマでアモーレ』|ローマを舞台にしたウディ・アレン監督の群像ラブコメディ。気軽に楽しめる映画です!

『トリコロールに燃えて』|あまり話題にならない作品ですが、こちらも傑作です! ぜひたくさんの人に観て欲しいオススメ映画!

 

もし、まだご覧になっていない作品があれば、ぜひこの機会にご覧ください!

 

というわけで今回は以上です。

それではまた。

 

人気記事 【副業で稼ごう】やりやすい副業7選!【スキル不要】

人気記事 【映画業界・エンタメ業界】に強い求人サイト・転職エージェント3選 

人気記事 【不安解消】初心者でも楽しめるタイ旅行!予算の目安は?

 

\ こちらも応援クリックお願いします! /

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

【映画監督・脚本家×ブログ】 ▶︎楽しくブログ運営&育成中! ▶︎演劇[エマニュエル]主宰 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-オススメ映画‼︎, 映画
-,

Copyright© 映画監督|浅野晋康ブログ , 2020 All Rights Reserved.