シリーズ初体験‼︎ タイ旅行 タイ旅行2019 海外旅行

はじめての海外ひとり旅(4)あひる師匠からの指令

投稿日:9月 24, 2019 更新日:


バンコク・ホテルの部屋から見えた光景

バンコク・ホテルの部屋から見えた光景

 

ついにたったひとりでタイに入国した僕は、空港のフードコートでカオマンガイを食べてお腹いっぱいに! 意気揚々と空港を出発し、バスと電車を利用して宿泊するホテルまでやって来たのでした……。

 

 前回の記事はこちらへ! 

はじめての海外ひとり旅(3)ドンムアン空港からバンコク市内に移動する方法

 

タイ旅行のお役立ち情報はこちらからどうぞ!

 

 

はじめての海外ひとり旅(4)あひる師匠からの指令

アデルフィ スイーツ バンコク

バンコク・ホテル前

バンコク・ホテル前

 

今回宿泊することにしたホテルは、ナナ駅から徒歩2分くらいの場所にあるアデルフィ スイーツ バンコクです。

もちろん初めて利用するホテルですが、エクスペディアで写真や口コミなどを参考に選んでみました。

宿泊料金は1泊9,000円程度で、男のひとり旅ならもっと安いホテルでも十分だったんですが……今回はたまの休暇なので、少しだけ贅沢な気分を味わうことにしました。

ちなみに、近くにあるホテル・ハイアット リージェンシー バンコク スクンビットは1泊2万円弱から。ひとりで宿泊するのはもったいないと感じてしまいますが、日本でハイアット リージェンシー 東京に宿泊すると3万円近くはかかるので、日本に比べたらだいぶお得です。チャンスがあったらぜひ利用してみたいですね!

 

 

あひる師匠からの指令(1)

 

ホテルの部屋でひと息つくと、すでに時刻は夕方です。

さっそく散策へ出かけることにした僕は、ナナ駅そばの両替所で追加の両替をしてから、再びBTSに乗車!

向かったのは……

BTSサラディーン駅です!

 

BTSサラディーン駅。

BTSサラディーン駅。

 

サラディーン駅といえば……

そう、前回のタイ旅行でもやって来たバンコクで人気の繁華街です!

 

はじめてタイ旅行に行った男(5)俺たちのバンコクナイツ!

 

前回の旅行で、さんざん恐怖を味わった繁華街です。

サラディーン駅を降りた僕は、そんな危険な繁華街のなか、「とある場所」を探して歩いて行くことになりました……。

その理由は……

前回一緒にタイ旅行を楽しんだあひる師匠から、調査指令を受けていたからです!

 

タニヤ通りの近くに、「モンティエンホテル」というホテルがある。

そして、そのホテルの中にあるレストランで、たいそう美味しいカオマンガイを出す店があるらしい!

それが本当に美味しいのかどうか?

ぜひ調査して来てくれっ!

 

そんなわけで、僕は夜の賑わいが活発になるにはまだ少し早い時間帯のタニヤ通りを、ひとりで歩いて行きました……。

 

バンコクの夜・タニヤ通り。

バンコクの夜・タニヤ通り。

 

雨季のバンコクは、あいにくの小雨。

時間がまだ早いこともあって、通りに出ている女性たちの姿もまだチラホラとある程度です。

そんななか、タニヤ通りを突っ切って、通りを渡って少し左手に向かうと、スターバックスの奥に、目的の「モンティエンホテル」がありました!

 

ホテルのエントランスを横切って、廊下を進んで行くと……

目当てのお店「ルエントン」を発見!

中華系な印象の店構えで、少し高級そうです。

店の前に出ていたメニューをチラリと覗き込みながら、「入ってみようかな」と考えていたのですが……

 

そのとき!

僕は突然、とんでもないことに気付いてしまいました!

 

大問題ですっ!

 

なんと、僕は……

 

すでに空港でカオマンガイを食べてしまったのです!

 

そして……

 

いま、まったくお腹が減っていないっ!

 

というか、まだまだ満腹感が続いていて、とてもじゃないですが新たなカオマンガイを食べる気が、まるでしないのです!

 

ど、ど、ど、どうしよう……。

 

せっかくここまで来たのに……。

 

予定を変更して、また明日来るか? それとも、いま無理をして食べるか……?

 

うーん……。

 

しばし頭を抱えてウロウロしてしまいましたが……

結局、僕は無理はしないことにしました!

 

すいません、どうしても自画自賛になってしまいますが……

 

お腹いっぱいのときには、無理して食べない!

 

これほど賢明な選択をできる人間は、もしかしたらそれほど多くはいないのではないでしょうか?

 

どうやら僕も、この40年、無駄に生きてきたわけではなかったようです。

 

ずいぶん大人になったもんだ……。

 

そんな感慨にふけりながら、僕は店をあとにしたのでした……。

 

 

あひる師匠からの指令(2)

 

というわけで、この夜の予定が無くなり宙ぶらりんになった僕は、再び小雨のなかを歩き出しました。

 

すると……

目の前に現れたのは、前回のタイ旅行ではじめて入ったゴーゴーバー「ピンクパンサー」があるパッポン通りです!

 

はじめてタイ旅行に行った男(6)ゴーゴーバーで絶体絶命のピンチに!

 

一時期低迷していたパッポン通りが、このところ元気を取り戻しているらしい。あわせて調査を頼む!

 

またもや、あひる師匠からの調査指令です!

まるで気は進みませんが、あひる師匠からの指令なので仕方ありません。

刻一刻と変化していく世界情勢を調査するため、僕は気合を入れてパッポン通りに足を踏み入れることにしました……。

 

ところが!

どんなお店があるんだろうと周囲を見回しながらフラフラ歩いていた僕は、いつの間にやら、怪しいネオンが並ぶ薄暗い通りに迷い込んでしまったのです!

 

なんだ、この通りは……?

 

キョロキョロと周囲にある店の様子を伺いながら、その狭い路地を進んで行きます。

けれど、どこか様子が変です……。

タニヤ通りでも、パッポン通りでも、店の前にいるのは多くの女の子たちなのですが……なぜかその通りにいるのは、20代くらいの若い男の子たちばかりです。

そのせいか、通りの雰囲気がまるで違うのです!

さらに、並んだバーの店先にいる若い男の子たちは、物珍しげに僕のことをジロジロと見てきます。

 

なんで男の子ばっかりがいるんだろう……?

 

ん? 男の子ばっかり……?

 

男の子……?

 

ハッ! もしかして……!

 

そうなんです!

どうやら僕は気付かないまま、ゲイの人たちが集まるお店が並んだ「ソイ4」という路地に迷い込んでいたようなのです!

そう気付くと、店先にいる男の子たちが視線を送ってくることにも合点がいきました……が、今回の調査指令は、そこまでディープな世界の調査を依頼されているわけではありません。

 

ごめんなさい! 僕はお客にはなれないんです……。

 

と、なんとなく申し訳ないような気分になりながら、そそくさと退散することになったのでした……。

 

(つづく)

 

タイ旅行のお役立ち情報です!

 

こちらもおすすめ!

新規入会&1回利用で10,000ポイント!

\ 国内・海外の空港ラウンジが無料で利用できる! /

 

はじめての海外ひとり旅(5)パッポン通りのゴーゴーバーを調査!

 

 

人気記事 【副業で稼ごう】やりやすい副業7選!【スキル不要】

人気記事 【映画業界・エンタメ業界】に強い求人サイト・転職エージェント3選 

人気記事 【不安解消】初心者でも楽しめるタイ旅行!予算の目安は?

 

\ こちらも応援クリックお願いします! /

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

【映画監督・脚本家×ブログ】 ▶︎楽しくブログ運営&育成中! ▶︎演劇[エマニュエル]主宰 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-シリーズ初体験‼︎, タイ旅行, タイ旅行2019, 海外旅行
-, , ,

Copyright© 映画監督|浅野晋康ブログ , 2020 All Rights Reserved.