仕事・副業

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

12月 7, 2020


regret

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

 

後悔しない生き方がしたいです。

でも、後悔しないなんて、とても難しいですよね。

どんなことに気をつけたらいいのかな?

 

今回は、そんな疑問をお持ちの方に、少しでも有益な情報になればと願いながら書かせていただきます!

 

誰もが後悔のひとつやふたつあるのが当然だとは思いますが……

だからこそ、できるなら後悔しない生き方をしていきたいと、心から思いますよね?

 

けれど……

後悔しない生き方を選択するための「秘訣」のようなものは、あるのでしょうか?

さっそく、順番に見ていきたいと思います!

こんな方におすすめ

  • 「後悔しない生き方」がしたい方
  • 「後悔しない」ための秘訣を知りたい方
  • より良い人生を生きていきたい方

 

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

regret2

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

 

まず結論からお伝えすると、

後悔しない人生・後悔しない生き方をするために大切なことは……

自分の「人生・生き方」を、自分で選択する

ということ!

 

ん? なにそれ?

自分の人生(生き方)なんだから、自分で選択するのは当然じゃない?

みんな、それぞれ自分で選択したり決断したりしながら生きてるわけでしょ?

 

そのように思われる方も多いかもしれません。

たしかにそうですよね。

みんな、それぞれ悩んだり迷ったりしながら、進むべき道を選んでいる(選んできた)のだと思います。

 

でも、その結果……

多くの人が、いくつもの後悔を抱えながら人生を終えることになる……それが事実のようです。

 

その後悔とは、たとえば次のようなものです。

 

人が死ぬときに後悔する5つのこととは?

  1.  もっと幸せな生き方がしたかった……。
  2.  友人たちともっと多くの時間を過ごせば良かった……。
  3.  自分の気持ちを素直に表現すれば良かった……。
  4.  あんなに働かなければ良かった……。
  5.  他人に期待される人生を生きるのではなく、自分が望むような生き方を貫けば良かった……。

 

こちらは、『死ぬ瞬間の5つの後悔』(著:ブロニー・ウェア)で紹介されているもの。

「死」を前にした多くの人が、「後悔していたこと」として上記の内容を挙げることが多いそうです。

 

もしかしたら、いまも多くの人が、心の片隅にこうした後悔の種を持っているのかもしれませんよね。

 

でも、そんなの仕方ないですよね。

生きていくこと・生活していくことは、理想だけでは片付けられない問題ばかりが山積みになるんですから。

 

……と、あきらめてしまえば、簡単です。

そして、そうやってあきらめた結果どうなるかといえば……

きっと、あなたが実際に死を前にしたとき、かつてあきらめたアレやコレやが、ずっしり重たく「大きな後悔」として襲ってくるんだと思います……。

 

やだなぁ。

そんなふうに後悔したくないなぁ……。

 

僕は、シンプルにそう思います。

 

後悔しない生き方をするために……

自分自身で、自分の人生(生き方)を選択していくために……

できる限りのことをしていきたいですよね!

 

というわけで、まずは上記の「人が死ぬときに後悔する5つのこと」をひとつずつチェックしていきたいと思います!

 

1 もっと幸せな生き方がしたかった……。

regret3

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

 

もしも、自分の命の火が消えようとするとき……

 

もっと幸せな生き方がしたかった……。

 

こんなふうに後悔するとしたら、さすがにちょっとツラすぎますね。

 

きっとここで語られている「幸せな生き方」というのは、「大金持ちになる」とか「ものすごく有名になる」とか「世界を変える発明をする」とか、そういった大袈裟なものじゃなくて、日々の積み重ねなのではないでしょうか。

毎日、小さなことであっても「幸せだ」と実感できる瞬間が積み重なっていく生活です。

 

たとえばそれは、「友人たちと過ごす時間」だったりするのかもしれませんね。

 

2 友人たちともっと多くの時間を過ごせば良かった……。

regret4

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

 

「友人たちと過ごす時間」がかけがえのないものだと実感している人は多いと思いますが……

とはいえ、歳を取れば取るほど、仕事が忙しかったり、家庭の都合があったり……なかなか友人と過ごす時間は作れなかったりします。

 

だけど、40年生きていて強く実感するのは、「会いたい人に、いつでも会える」という状態は、永遠に続くわけじゃない、ということです。

 

もちろん友人関係に限った話ではありませんが、「会いたい人」「大切な友人」がいるなら、やはりできるだけ多くの時間をシェアすることは、自分自身の人生(生き方)にとって重要なことだと思います。

 

自分の身近にいる大切な人を、ちゃんと大切にしたいですね。

 

3 自分の気持ちを素直に表現すれば良かった……。

regret5

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

 

誰かに自分の素直な気持ちを伝えることは、とても難しかったりします。

けれど、伝えるべきことを伝えられなかった、ということはとても大きな後悔に繋がってしまいます。

 

それはきっと、すごく悔しいし、悲しいことですよね。

 

うまく気持ちを伝えられない……もしもその原因が、自分自身のプライドの問題なのだとしたら、そんなプライドは捨ててしまったほうがいいのかもしれません。

仮に、そのプライドを捨てたせいで自分が少し傷ついたとしても、プライドを守ったことで抱えることになる「後悔」の大きさに比べたら、なんてことはありません

 

自分の心をひらいて、相手に素直な気持ちを伝えること。

シンプルだけど、とても難しいです。

だからこそ、「後悔」に繋がる選択をしないように気をつけたいですね。

 

4 あんなに働かなければ良かった……。

regret8

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

 

誰にとっても、働くことはとても大切ですよね。

 

それに、仕事って面白いですしね。

 

だけど……いずれにしても「働きすぎないこと」は、つねに検討してみる価値のあるものだと思います。

 

なぜなら、誰もが「限られた時間のなかを生きている」のだから

 

あるいは、もしもあなたが、ただ「お金のために」働いているのだとしたら……

やはり、「働きすぎないこと」は大切かもしれません。

 

その場合、よく言われることですが、『7つの習慣』(著:スティーブン・R・コヴィ)で紹介されている「人間活動の4つの領域」という考え方が参考になると思います。

 

人間活動の4つの領域

  1.  緊急で、重要なこと。
  2.  緊急ではないが、重要なこと。
  3.  緊急だが、重要ではないこと。
  4.  緊急でも、重要でもないこと。

 

人の活動は上記の4つの領域に分類できるけれど、このなかでもっとも優先すべきなのは、「2 緊急ではないが、重要なこと」だという考え方です。

 

ただ「お金のために」働いているという方は、ぜひ一度、自分にとって「緊急ではないが、重要なこと」はなんなのか? 考えてみてもいいかもしれません。

そして、「緊急ではないが、重要なこと」に時間を使うことが、きっと、新しい生き方・後悔しない生き方を選択するきっかけになっていくのだと思います。

 

5 他人に期待される人生を生きるのではなく、自分が望むような生き方を貫けば良かった……。

regret6

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

 

他人の期待に応えることは、ある意味で充実感があると思います。

けれど、それが「後悔」に繋がるのであれば、やはり見つめ直す必要があるのかもしれません。

 

あなたは、ほんとうは心の底で「どのような生き方をしたい」と望んでいるのでしょうか?

まずはそれをまっすぐ自分に問いかけ、向き合うことが必要なんですよね。

 

最近僕も、あらためて自分自身にそんなことを問いかけてみました。

40過ぎてそんなことをするとは夢にも思っていませんでしたが……でも、思いがけないことに、やはり新しい発見がありました。

そして、その発見をもとに、新しい指針が見えてきました。

 

もしかすると、バカバカしいなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「自分はどんな生き方がしたいんだろう?」という問いかけは、何度でも定期的に自分自身に問いかけていくものなんだと思います。

 

自分の芯を見失わないためにも。

 

ぜひ、みなさんもこの機会に考えてみてはいかがでしょう?

おすすめですよ。

 

あなたが望む、後悔の種類は?

regret7

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

 

さて、ここまで5つの「後悔」を見てきましたが……

たとえば、人は死ぬときに「必ず後悔する」と考えた場合、あなたはどちらの後悔を選びたいですか?

 

あんなことがしたかった……。

あんなことをしなければ良かった……。

 

僕なら、間違いなく後者を選びます。

 

想像してみてください。

あなたに、「あんなことがしたい」と思っていることがあるとして……

明日から、その「あんなこと」をやり始めるとします。

 

どうでしょう?

 

ワクワクしませんか?

ドキドキしませんか?

 

きっとその先には、まったく新しい世界が待っているんです。

 

もちろん、そうはならないかもしれません。

まったくの期待外れかもしれません。

 

けれど、それはただの結果です。

何事も、思ったとおりに進むこともあれば、思ったとおりにはならないこともあります。

 

でも、ただひとつ、間違いなく言えることがあります。

 

それは……

「行動しなければ、なにも変わらない」ってことです。

 

(これも先日初めて読んだのですが)累計400万部発行のベストセラー自己啓発小説『夢をかなえるゾウ1』(著:水野敬也)にも、こんな一節がありました。

 

みんな知ってんねん。やりたいことやって後悔せんような人生送ったほうが幸せになれるてな。でもやらへんねん。何でや? それは、今の自分と同じこと考えてるからや。収入。世間体。将来の不安。同じやで。人を縛ってる鎖なんてみんな同じなんや」

 

そしてガネーシャは言った。

 

「今まで無理やったら、これからも無理や。

変えるならそれは『今』や。

『今』何か一歩踏み出さんと。

自分それ、やらんまま死んでくで」

 

やはり、後悔しない人生・後悔しない生き方をするために、もっとも大切なことは……

自分の「人生・生き方」を、自分で選択する

そして、

いますぐ行動すること

なのです。

 

まとめ

regret1

いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】

 

いかがだったでしょうか。

今回は、「後悔をしない生き方を選択する」ことについて、いろいろと書かせていただきました。

 

生きていれば、後悔したことがない人などいないと思います……。

もちろん、僕にもたくさんの後悔があります。

 

数年前に亡くなった父親とは、いくら会いたくても、もう2度と会えません。

あんな話もしたかった、こんな話もしたかった……そう思っても、もうなにも伝えることができません。

いつか出来るだろうと考えて先延ばしにしていたことが、気付いたら、もうなにもできなくなってしまいました。

 

会いたい人に、もう2度と会えない……という状態は、なににも増して後悔が募ります。

 

人との「出会い」や「別れ」だけではないと思います。

 

もしも、あなたが「やりたいこと」を我慢したり、先送りしていたり、向き合うことを恐れているとしたら……ぜひ、少しだけ勇気を出して、「自分はどのような生き方がしたいのか?」とじっくり考えてみてください。

 

行動することは、とてもパワーが必要なので、ぶっちゃけ僕自身も、先送りしたり、向き合うことを恐れている「やりたいこと」がいくつもあります。

けれど、あらためて「後悔しない人生・生き方を選択する」ために、毎日を大切に過ごしていくことを心に刻もうと思います。

そして、これを読んでくださっているあなたが、少しでも後悔のない生き方をしていけることを願っています

 

自分自身が、自分の人生・生き方に、ワクワクドキドキしながら毎日を過ごして行けたら最高ですよね!

 

というわけで、今回は以上「いつか、あなたが後悔することとは?【後悔しない人生を選択しよう】」でした!

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

それではまた。

 

参考書籍

 

 

 

人気記事 【映画業界・エンタメ業界】に強い求人サイト・転職エージェント3選 

人気記事 お金の勉強はどこから始めたらいいの?【初心者向け必読書3選】

 

\ ぜひこちらの応援クリックもお願いします! /

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

▶︎映画監督・脚本家|映像制作をやっています。 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-仕事・副業
-,

© 2022 Director's Cut|映画監督・浅野晋康ブログ