シリーズ初体験‼︎ タイ旅行2019

【シリーズ初体験‼︎】はじめての海外ひとり旅2019(6)〜ワット・パイロンウア(地獄寺)へ行く方法〜

投稿日:9月 26, 2019 更新日:


ワット・パイロンウア行きのバス

ワット・パイロンウア行きのバス

 

「はじめての海外ひとり旅」の初日は、あひる師匠からの調査指令を受けて、さまざまなゴーゴーバーを巡りながら夜が更けていったのでした……。

 

【シリーズ初体験‼︎】はじめての海外ひとり旅2019(5)〜パッポン通りのゴーゴーバーを調査!〜

 

 

 

バンコク市内からワット・パイロンウア(地獄寺)へ行く方法

ホテル1階のモンスーンカフェ

ホテル1階のモンスーンカフェ

 

翌日。

8時頃に起床した僕は、ホテルの1階にある「モンスーンカフェ」で朝食を食べました。

ホテル宿泊に朝食チケットが付いているので、無料で利用できるのです!

朝食はブッフェ形式で、パン・野菜・ベーコン・ウインナー・オムレツなどのアメリカンブレイクファーストと、日替わりのタイ料理が並んでいました。

僕は、欲張ってどちらも載せたせいで、朝からお腹いっぱいになってしまいましたが……朝から辛めのガパオライスや甘い果物を食べていると、ほんと暑い国には辛いものと甘いもののコラボが食欲をそそるんだなと実感させられます。

 

美味しかったぁ!

 

朝食のあとは、いったん部屋に戻って準備をしてから、10時頃にホテルを出発!

本日は、今回の旅のメイン行事のひとつ、ワット・パイロンウア(地獄寺)を見に行くのです!

 

ワット・パイロンウア(地獄寺)はバンコク近郊のスパンブリー県にあるため、移動手段については事前にインターネットで調べておきました。

 

ひとりなので不安はありますが……まあ、大丈夫でしょうっ!

 

というわけで、まずは電車移動!

ホテルの最寄りのナナ駅から、途中サイアム駅で乗り換えて、終点のバンワ駅まで、BTSに乗って行きます。

 

20分くらいかかったと思います!

 

ちなみにBTSなどバンコクの電車は、どんどん路線が延伸していく予定で、バンワ駅の先にも路線が伸びていくようです。

 

BTSバンワ駅

BTSバンワ駅

 

バンワ駅に到着したら、出口の階段を降りて行きます。

すると、ちょうど目の前の通りにタクシーが待機している場所があるので、ここからタクシー移動です!

 

タクシー移動は……緊張しますね。

 

前回の旅では、ボッタクリに怯えてほとんど利用しなかったタクシーですが……

ついに、タクシー利用が必須の場面に遭遇してしまいました。

 

ほんとうに大丈夫でしょうか……不安です……。

 

 

 

タイのタクシーはやっぱり危険だった!?

 

そんなわけで、不安を感じながらも、思いきってタクシーに声をかけることにしました!

バンワ駅から、バンコク南バスターミナルまで向かうためです。

 

南バスターミナルまでお願いできますか?

 

いいよ。

 

50代くらいの、ガタイのいいおじさんです。

僕がタクシーの後部座席に乗り込むと、運転手さんが聞いてきました。

 

メーター?

 

ボッタクリを回避する方法としてメーターで金額を計算するよう要求する旅行者が多いからでしょうか、おじさんのほうから確認してきてくれました。

 

うん、メーターお願いします。

 

オッケー。

 

なんだか、気さくなおじさんで、危険度は低そうです。

ホッとした僕は、肩の力を抜いて座席に身を委ねました……。

 

そうして、タクシーが出発すると、気さくなおじさんは英語でいろいろ話しかけてくれます。

 

どこから来たの?

 

日本です。

 

おぉ、日本か! 俺も日本に行ったことがあるよ!

 

そうなんですか。

 

大阪に行ったんだよ!……で? 今日は、どこに行くんだ?

 

ワット・パイロンウアです。

 

おぉ、そうか! でも、けっこう遠いぞ。田舎だし。バスで1時間半くらいはかかるだろうな。

 

そうなんだ。

 

僕もおじさんも、使えるのは拙い英語だけなので、ときどきスマフォの翻訳機能を使いながらですが、そんなふうに楽しく話をしながらタクシーが進んで行きました……。

 

ん?

 

ちょっと待って。

 

スマフォの翻訳機能を使いながら……?

 

 

そうなんです!

おじさんは、とっても気さくで良い人なんですが……

運転しながら、がっつりスマフォを使っているのです!

というか、その運転席は、ちょうど目線の高さに2台のスマフォが設置されるようにカスタマイズされていて、1台はカーナビ代わりの地図を表示し、もう1台は完全プライベートなメールやラインのやりとりをしたり、翻訳機能を利用したりする仕組みになっていたのです!

そんな運転席で、おじさんは気さくな笑顔でお喋りしながら、メールしたり、翻訳機能を使ったり、たまに前を見たり、車線を変更したり、カーナビの地図を操作したりしながら、運転しているんです!

 

危険っ!

 

怖い、怖いっ!

 

おじさん! ちゃんと前見て運転して!

 

僕はリラックスするどころではなく、内心ヒヤヒヤしながら、なんとか無事に目的地にたどり着くよう願うことしかできません……。

 

これは……ボッタクリよりも、よほど危険です!

 

やっぱり、タイのタクシーを利用するときは充分注意しなければいけませんね……。

 

 

 

バンコク南バスターミナル

バンコク南バスターミナル

バンコク南バスターミナル

 

そんなわけで、なんだかぐったり疲れてしまいましたが、10分ちょっとの乗車時間でバンコク南バスターミナルへ到着しました!

おじさんにお礼を言ってタクシーを降りた僕は、ホッと胸を撫で下ろして、バスターミナルの中へ進んで行きました……。

 

 

どのバスに乗ればいいんだっけ?

 

キョロキョロしながら歩いていると……年配のタイ人女性が声をかけてきました。

 

どこに行きたいの?

 

あ、ワット・パイロンウアです。

 

じゃあ、バスはあっちだよ。

 

そうなんだ。どうもありがとう。

 

親切な女性に助けられて、バスの乗り場がすぐにわかりました!

目印は、真っ赤な68番のバスです。

(バスターミナルでは、係りの人がすぐに声をかけてくるので、わかりやすいと思います。)

 

ワット・パイロンウア行きのバス

ワット・パイロンウア行きのバス

 

 

バスの前まで行くと、運転手らしきおじさんが、おそらく同僚だと思われる同年代のおじさんおばさんたちと休憩していました。

念のため、確認をしてからバスに乗り込みます。

 

このバスは、ワット・パイロンウアに行きますか?

 

ああ、行くよ。

 

何分くらいで出発しますか?

 

もうすぐだよ。

 

……。

 

かなりアバウトな返答に戸惑いながらも、バスに乗り込みます。

 

バスの車内

バスの車内

 

先に乗っていたのは、タイ人のおばちゃんがひとりだけ。

車内は冷房もなく、窓は開いていますが風もなくモワッと暑さがこもっています。

 

さすがに、これは暑いな……。

 

コンビニでペットボトルの水を買っておいて良かった……。

 

そんなことを思いながら、バスの出発を待ちます。

 

待ちます。

 

待ちます……。

 

待ちます…………。

 

……。

 

 

まるで出発しません!

 

 

どういうことだ? もうすぐって言ったのに!

 

いったい、このバスは何分後に出発するのでしょうか……?

 

もうこれ……出発しないんじゃないだろうか?

 

そう不安になってきた僕は、再び運転手のおじさんに尋ねました。

 

すいません、あと何分くらいで出発しますか?

 

もうすぐ、もうすぐ!

 

……。

 

きっと、おじさんの「もうすぐ」と、僕の「もうすぐ」の時間感覚が違うだけなんです。

きっと、「もうすぐ」このバスは出発するのです。

いまは、おじさんを信じるしかありません。

僕には待つことしか出来ないのです……。

そんなことを思いながら、バスの出発を待ちます。

 

待ちます。

 

待ちます……。

 

待ちます…………。

 

 

暑い……。

 

 

そうして、おそらく30分ほど待っていたら、もうひとり乗客がやって来て……

それを合図にしたように、運転手のおじさんと添乗員のおばさんがバスに乗り込んで来ました。

 

おっ! ついに……!?

 

そうです!

待った甲斐がありました!

ようやくバスが出発したのですっ!

 

おじさんを信じて良かった!

 

さらに、バスが動き出すと車内に設置されていた扇風機も回り出し、窓からも風が通って、暑さも大幅に軽減されました。

 

あぁ、風が気持ちいい……。

 

僕は、どこか優雅な気分すら感じながら、ワット・パイロンウア目指して走るバスの旅を楽しむことになったのでした……!

 

 

そうして……

 

 

1時間半ほど時間が経ったころ、バスはすっかり郊外の景色の中を走っていました。

 

 

ところが!

ここで、あらたな問題が勃発してしまいました!

 

このバスの乗車・降車の方法がよくわからないのです……。

 

てっきり僕は、このバスがワット・パイロンウア行きの長距離バスなのだと思い込んでいたのですが……

どうやらそうではないようです!

長い距離を走るけれど、通常の巡回バスのように、停留所に人がいれば止まったり、停留所がないところでも希望者がいれば止まったりと、乗客の乗り降りがけっこうあるのです……。

 

これ……もしかしたら、ワット・パイロンウアが終点じゃないのでは?

 

そう気付いた僕は、途端に焦りを感じはじめました。

終点だと思って油断していましたが、「降りたい」と意思表示しなければ「目的地で降りられない」のだとしたら……僕は、「ここがワット・パイロンウアだ!」という場所を、走る車窓から見極めなければいけないのです!

 

これは……困ったぞ……。

 

ドキドキしながら、車窓の風景に目を凝らします。

 

どこだ?……どこがワット・パイロンウアなんだ?

 

いくら焦っても、バスはどんどん走り、時間は容赦なく過ぎていきます。

 

どこ? ワット・パイロンウアはどこ?

 

そろそろバスが走り出してから、2時間になるのではないでしょうか?

 

もしかして……もう、とっくにワット・パイロンウアは通り過ぎてしまったんじゃないのか……?

 

そんな不安が押し寄せて、思わず涙がこぼれそうになった……そのときでした!

運転手のおじさんが声をかけてくれたのです。

 

おい! 次が、ワット・パイロンウアだよ!

 

なんと! 運転手のおじさんが親切に教えてくれたのです!

 

あ……ありがとうございますっ!

 

旅のメモ

バスでワット・パイロンウアに行く場合、終点じゃないので注意が必要です!

あらかじめ、運転手のおじさんに伝えておこう!

 

そうして、バンコク南バスターミナルから約2時間弱、僕はなんとか無事にワット・パイロンウア(地獄寺)にたどり着くことが出来たのでした!

 

良かったぁ……。

 

そんなわけで、気になるワット・パイロンウア(地獄寺)の様子は、また次回です!

 

(つづく)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

[映画監督・脚本家] ■株式会社ノックアウト所属 http://www.knockoutinc.net ■ブログ運営も楽しんでます ■ご連絡は、emmanuel.seisaku@gmail.comまでお願いします!

-シリーズ初体験‼︎, タイ旅行2019
-, , ,

Copyright© ディレクターズカット , 2020 All Rights Reserved.