オススメ映画‼︎

ガス・ヴァン・サント&ホアキン・フェニックスの感動作『ドント・ウォーリー』

投稿日:5月 10, 2019 更新日:


東京_新宿

新宿で映画を観て来ました

 

今回はちょっと趣向を変えて、僕が今週観た映画の記事を書こうと思います!

 

新宿にある新宿武蔵野館という映画館で、アメリカ映画『ドント・ウォーリー』を観て来ました。

僕の大好きな、ガス・ヴァン・サント監督の新作です。

主演は、ホアキン・フェニックス

この人のことも僕は大好きなんですが、知らない人に向けて簡単に説明するとしたら、まあなんというか、「役柄になりきっちゃいました」系の人気俳優さんですね。

今後公開される作品では、大注目の『ジョーカー』にも主演しています。

 

 

 

映画『ドント・ウォーリー』

 

といったわけで、映画『ドント・ウォーリー』ですが、どんな内容かというと、

 

21歳のときに交通事故にあったことで、車イス生活を余儀なくされるようになった風刺漫画家 ジョン・キャラハンの半生を描いた物語です。

 

といっても、お涙頂戴のウェットさは回避されていて、ベタな感動作とはちょっと違う作りになっています。

その要因は、ドキュメンタリータッチの撮影や、時間軸があっちこっちいく構成にもよるのですが……

 

そのあたりはもしかすると、ちょっと入り込みづらいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。僕も少しそう思いました。

 

車イス生活の身体障害者で、アルコール中毒で、孤児だった男が、仲間と出会い交流し、漫画を描きはじめたことで、やがて自らの人生と向き合い、受け入れていく……その姿は、多くの観客に深い感動を与えてくれるものだと思います。

僕は、観終わってしばらくしてから、じんわりと広がる感動を味わいました。

デート向きかと言われると、うーんと考え込んでしまいますが、自分の人生にどこか生きづらさを感じている人には、きっと強く響くと思われる良作です。

今週末に映画をご覧になる予定の方は、ぜひチェックしてみて!

 

 

ちなみに、映画好きの方にオススメしたい注目ポイントとして、2点ほど。

ひとつは、ジョナ・ヒルが出演しているんですが、なんと、めちゃくちゃ痩せてるんですよ!

これはびっくりしました。

しかも、痩せてるだけじゃなくて、キリストみたいな外見なのに全然ギャグにならずフツーにかっこいいんですよ。

しかもしかも! 終盤のホアキンさんとふたりのシーンでは、これまで観たことがないような繊細な演技を披露していてほんとに最高です!

いやあ、すごいなぁ。必見だと思います!

 

そして、もうひとつのオススメは、断酒会のメンバーとして出演しているウド・キアー

驚くべきことに、『マイ・プライベート・アイダホ』のときと外見がまるで変わらない印象です。もう30年近く前の作品なので、本当に驚きですよね。

ちなみに役柄も、『マイ・プライベート・アイダホ』と同じ、ハンス!

 

『マイ・プライベート・アイダホ』……1991年公開のガス・ヴァン・サント監督作品。主演は、ホアキン・フェニックスの兄で当時大人気の若手スター俳優だった故リバー・フェニックス。キアヌ・リーヴス共演。

 

となれば、当然想起されるのが、『マイ・プライベート・アイダホ』の主演だった故リバー・フェニックスのことですよ。

ウド・キアーさんを通して、30年近い時を経て繋がる、兄リバー・フェニックスと、弟ホアキン・フェニックス……そこに、ガス・ヴァン・サントのどんな想いがあるのかと想像すると、またグッときてしまいますね。

 

 

いったわけで、オススメ映画『ドント・ウォーリー』のご紹介でした。

こんな感じのオススメ映画の記事も、ちょこちょこ書いていけたらと思ってます。

それでは、また次回お会いしましょう!

 

 

 

人気記事 【オススメ映画‼︎】の記事はこちら

人気記事 【シリーズ初体験‼︎】〈 タイ旅行2018 〉はこちら

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

【映画監督・脚本家×ブログ】 ▶︎楽しくブログ運営&育成中! ▶︎演劇[エマニュエル]主宰 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-オススメ映画‼︎
-,

Copyright© 映画監督|浅野晋康ブログ , 2020 All Rights Reserved.