おすすめ書籍

新年の抱負が達成できない理由|目標が達成できない原因とは?

1月 5, 2021


2021-1

新年の抱負が達成できない理由|目標が達成できない原因とは?

 

あけましておめでとうございます!

今年も、本ブログをどうぞよろしくお願いいたします!

 

というわけで、2021年がスタートしました。

年初には、「新年の抱負」を心に刻み、やる気に満ちている方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

 

僕も、2021年にやりたいことや目標を考えていたりしたのですが……そんな折、たまたま面白い文章を読んだので、今回はそちらをご紹介させていただきたいと思います!

 

 

新年の抱負が達成できない理由|目標が達成できない原因とは?

2021-2

『Think Smart〜間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法〜』

 

年が明けて、僕は2021年の読書の1冊目として、『Think Smart〜間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法〜(著:ロルフ・ドベリ)を読みはじめたのですが……冒頭から、思わずドキリとする内容に遭遇したのです。

 

全部で52の章に分かれているこの本の、最初の章のタイトルには、このように書かれていました。

 

「新年の抱負が達成できないわけ」

 

いきなりコレですよ……。

 

こちとら、新年になって、抱負も考えて、グイッとやる気が高まっているんですよ。

どうしてそんなこと言い出すかなぁ……。

 

思わず、そんなため息が漏れてしまいましたが……でも、落ち着いて考えてみると、「たしかに」と頷ける部分もあります。

 

新年の抱負は、なんだか欲張っていろいろと考えてしまいがちだけれど、それをすべて達成させるのは、かなり難しいんだよなぁ……。

 

そんな実感は、たしかにあります。

 

というわけで、「新年の抱負」を考えたばかりのいまこそ、本書の指摘が役立つのかもしれません。

 

僕と同じように「新年の抱負」を考えた方に、少しでも役立つ情報になればと願いつつ、ご紹介させていただきます!

 

 

あなたが目標達成できない原因

2021-3

新年の抱負が達成できない理由|目標が達成できない原因とは?

 

「新年の抱負が達成できないわけ」について、本書は、まずその原因を指摘します。

 

その原因とは……

大事なことをいつも「後回し」にしてしまう

ということ。

 

いかがでしょう?

思い当たることはありませんか?

 

ぶっちゃけ、僕はよくあります(笑)

 

小説や脚本など、物語を書こうと決意しつつ、具体的な執筆にはなかなか取りかからず、準備作業としての調べ物や参考文献ばかり読んでしまう……。

禁煙しようと決意しつつ、まだ煙草を吸っている……。

記入しなければいけない書類が、ずっと机の上に置いてある……。

健康のためにジムに通おう、ランニングをしよう、筋トレをしようと思いつつ、なかなか足が向かない……。

 

ちょうど1年前の年初にも、同じように「新年の抱負」を掲げたことを思えば、それらの「抱負」を、いったいどれだけの人が達成できているのでしょうか?

 

昨年は、コロナ騒動で通常とは違ったとはいえ、僕は正直「達成できていない」ことのほうが多いです……。

 

1年前に、やろうと決意したことが、放置されたまま……。

もしも、ちゃんと1年継続していたら、いまごろは……。

 

ああ、なんという不毛さでしょうか。

 

気付けば、1年もの時間を、無駄に過ごしてしまった……。

 

これじゃあ、やっぱりダメですよね。

 

そんな僕と同じような方には、この本の指摘が役立つかもしれません。

 

 

どうして大事なことをいつも後回しにしてしまうのか?

2021-4

新年の抱負が達成できない理由|目標が達成できない原因とは?

 

『Think Smart〜間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法〜(著:ロルフ・ドベリ)では、こうした「行為の先の送り」「先延ばし」と呼ばれる、重要だけれどやっかいな行為になかなか取りかかれない傾向のことを、

不毛な行為だ

とはっきり言いきります。

 

そして……

どうして私たちが大事なことをいつも後回しにしてしまうのか?

その理由をこのように指摘しています。

 

それらの行為が、始めてから成果が出るまでに時間がかかるから

 

たしかに、「成果が出るまでに時間がかかること」を、始めたり継続していくことは大変ですよね。

ということは、つまり……

「成果が出るまでに時間がかかる」ことをやりきるためには、ものすごく自制心とか、強い精神力が必要になる

のではないでしょうか……?

 

自分は、そこまでの自制心とか、強い精神力とか、自信ないんだよなぁ……。

 

ついそう思ってしまいそうになりますが……

この本が面白いのは、著者はそのような「自制心」「精神力の強さ」の必要性を認めつつも、

自制心を絶えず維持しつづけることは不可能だ

と言っているところです。

 

大切なのは、

その源となるエネルギーをうまく充電すること

だというのです。

 

意思力は、バッテリーのように機能する。

エネルギーを消費しつくしてしまうと、少なくともその後しばらくは、難題をこなせるだけの力は無くなってしまうのである。

 

そのため……

「先延ばし」を避けるには、自制心を絶えず維持しつづけることは不可能だという事実を頭に入れておかねばならない。

バッテリーを充電するためには、リラックスしたり、横道に逸れたりという合間の時間が必要なのだ。

 

こう指摘する著者は、そのための重要なポイントして、このように言います。

 

「先延ばし」から逃れるために必要なもうひとつの条件は、横道に逸れたままになるのを防ぐための手を打っておくことだ。

 

それはたとえば、

執筆に集中する際には、インターネットの接続を切る。

行うべきことをいくつかのパートに分けて、パートごとに期限をもうける。

ことなど。

 

そうなんです。

誰もが、「自制心」や「精神力の強さ」をずっとキープしつづけることは不可能なんです。

だからこそ、適度に力を抜きつつ、細かく計画していくことが重要になってくるんですね。

 

 

まとめ

というわけで、本書のアドバイスをまとめるとこちら!

目標達成までの道のりをいくつかのパートに分けて、明確な中間目標を立てよう!

やる気がずっと継続させることは不可能。オンとオフの切り替えを意識して、休むべきときは、好きなことをしたり、たっぷり眠ったりして、自分のエネルギーの源となるバッテリーをしっかり充電しよう!

 

1年後、みなさんの「新年の抱負」が少しでも目標に近づいていることを願いつつ、僕もがんばっていきたいと思います!

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた。

 

 

人気記事 【副業で稼ごう】やりやすい副業7選!【スキル不要】

人気記事 【映画業界・エンタメ業界】に強い求人サイト・転職エージェント3選 

 

\ ぜひこちらの応援クリックもお願いします! /

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

▶︎映画監督・脚本家|映像制作をやっています。 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-おすすめ書籍
-, ,

© 2021 映画監督|浅野晋康ブログ