オススメ映画‼︎

【Amazonプライム】夏に観たい青春映画の名作おすすめ【洋画】

8月 5, 2020


summer-seisyun

【Amazonプライム】夏に観たい青春映画の名作おすすめ【洋画】

 

夏は青春映画の季節ですね!

とくにアメリカ映画は、夏休みが学年の切り替わりでもあるので、夏を舞台にした青春映画の名作が多いですよね!

 

というわけで、今回は夏に楽しむのがぴったりな青春映画の名作4選をご紹介したいと思います!

ぜひ参考にしていただければと思います!

こんな方におすすめ

  • 面白い映画が観たい方
  • 青春映画の名作を楽しみたい方
  • 映画鑑賞で失敗したくない方

 

【Amazonプライム】夏に観たい青春映画の名作おすすめ【洋画】

今回ご紹介するのは、下記の4作品!

Amazonプライムで観られる映画が3作、配信は行われていないけれどぜひご紹介したい1作の、合わせて4作品です。

『スタンド・バイ・ミー』まさに青春映画の金字塔! 夏に観たい青春映画の代表作といえる一作です!

『あの頃ペニー・レインと』キャメロン・クロウ監督の実体験をもとに描かれた青春映画の傑作!

『アメリカン・パイ』バカな高校生男子たちの青春の失敗を詰め込んだ「ロストヴァージンもの」の名作です!

『アメリカン・ティーン』驚異的な完成度の、傑作青春ドキュメンタリー映画です! DVD・ブルーレイでお楽しみください!

 

それでは、順番に見ていきましょう。

 

『スタンド・バイ・ミー』

映画『スタンドバイミー』

映画『スタンド・バイ・ミー』

まず最初にご紹介するのは、1987年に公開された映画『スタンド・バイ・ミー』

出演は、ウィル・ウィートン、リバー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル、リチャード・ドレイファス、キーファー・サザーランド、ジョン・キューザック、など。

あらすじ

オレゴン州の田舎町・キャッスルロック──。

それぞれ家族に問題を抱えている4人の少年たちが耳にしたのは、町から30キロほど離れた山道に「列車の礫死体が放置されている」という噂!

好奇心旺盛な少年たちは、さっそく死体探しの旅に出ることになるのだが……!?

 

 

原作は、スティーブン・キングの短編小説。

監督は、本作の後に『恋人たちの予感』『ミザリー』などを手がけた名匠ロブ・ライナー

 

もはやこれは全人類の必修課題でしょう! というくらい、僕はこの映画を特別なものだと思っています。

 

夏、旅、別れ……が描かれた、まさに青春映画の金字塔

主人公の4人の少年たちはみんな素晴らしいですが、なかでも、いまも映画のなかで輝き続けているリバー・フェニックスの姿は特別。

まるで奇跡のようにも感じます。

 

自分にとっては、本当に大切な一本ですし、映画に感謝したくなる作品です。

最高!

 

 

『あの頃ペニー・レインと』

映画『あの頃ペニーレインと』

映画『あの頃ペニー・レインと』

Amazonプライムで観ていただきたい映画2作品目は、2001年に公開された映画『あの頃ペニー・レインと』です!

出演は、パトリック・フュジット、ビリー・クラダップ、フランシス・マクドーマンド、ケイト・ハドソン、ジェイソン・リー、アンナ・パキン、ズーイー・デシュネル、フィリップ・シーモア・ホフマン、など。

あらすじ

姉から譲り受けたレコードがきっかけで、ロックにのめり込んだ15歳の少年・ウィリアム。

ある日、ウィリアムは、地元で活躍する伝説的な音楽ライターのレスター・バンクスに自分の書いた記事を売り込み、仕事を得ることに成功!

さっそく取材のためにライブを訪れたウィルアムは、そこで売り出し中のバンド「スティルウォーター」と、グルーピー(バンドの追っかけ)の少女ペニー・レインに出会って……!?

 

 

監督・脚本を手がけたのは、『ザ・エージェント』『幸せへのキセキ』などのキャメロン・クロウ

15歳でローリング・ストーン誌のライターになったという自身の体験を元に作られた本作で、第73回アカデミー賞・脚本賞(キャメロン・クロウ)を受賞しました。

 

憧れの世界に飛び込んで、恋をしたり、傷ついたり……そんな青春映画が面白くないわけがないですよね!

ヒロインを演じたケイト・ハドソンの奇跡的な輝きと出会える一作でもあります。

これまた、心から大好きな映画。最高です!

 

 

『アメリカン・パイ』

映画『アメリカンパイ』

映画『アメリカン・パイ』

続いては、2000年に公開された映画『アメリカン・パイ』です。

出演は、ジェイソン・ビッグス、ジェニファー・クーリッジ、ジャノン・エリザベス、アリソン・ハニガン、ナターシャ・リオン、タラ・リード、など。

あらすじ

どこにでもいるフツーの高校生・ジム、ケビン、オズ、フィンチの4人は、みんなセックスのことで頭の中がいっぱい!

だけど、4人ともいまだに童貞……。

そんなある日、4人は「童貞を卒業するチャンス」を期待してパーティに出かけるが、収穫もなくむなしい一夜を過ごすことに……。

そんななか、モテない同級生・シャーマンが童貞を捨てたことを知った4人は奮起! 

「卒業までに童貞を卒業しよう!」と協定を結ぶのだが……!?

果たして、3週間後のプロム(卒業パーティ)までに、4人の願いは叶うのか……!?

 

 

最近はあまり作られていないように思いますが、青春映画の中には「ロストヴァージンもの」というジャンルがあります。

一般的には低俗に見られがちな「ロストヴァージンもの」ですが……それぞれの時代を色濃く反映させつつ、普遍的な「青春」を描くこのジャンルには意外と名作が多い! と、僕は思っています。

本作もまた、そんな名作のひとつ!

バカな男子高校生たちの「青春の失敗」がこれでもかと盛りだくさんに描かれる本作は、シリーズ化もされた大ヒット作です。

監督は、本作の後に『アバウト・ア・ボーイ』などを手がけているポール・ワイツ

シリーズ2作目『アメリカン・サマー・ストーリー(アメリカン・パイ2)、シリーズ3作目『アメリカン・パイ3 ウェディング大作戦』、1作目から13年後に製作されたシリーズ完結編『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会』と合わせておすすめの楽しい青春映画です!

 

ぜひ気軽に楽しんでみてください!

 

 

『アメリカン・ティーン』

映画『アメリカンティーン』

映画『アメリカン・ティーン』

最後にご紹介するのは、(現在配信が行われていないので)ぜひDVD・ブルーレイで楽しんでいただきたい傑作青春ドキュメンタリー『アメリカン・ティーン』

2008年に公開されたドキュメンタリー映画です。

解説

アメリカ中西部の地方都市・ワルシャワの高校に通う5人の高校生。

父親から期待を受けながら、スランプに悩むバスケ部のエース。

映画監督になりたい少し変わり者の少女。

マーチングバンドとゲームにしか興味のないオタクの少年。

裕福な家庭に育ち、スクールカースト上位で目立っている少女。

変わり者の少女に恋をするイケメン青年。

そんな5人のティーンたちの高校生活最後の1年間に、『くたばれ!ハリウッド』『遠距離恋愛 彼女の決断』などのナネット・バースタイン監督が1年間密着をしたドキュメンタリー映画です。

 

 

ありきたりな言い方になってしまいますが、「まるでドラマのような」驚くべき完成度の青春ドキュメンタリー作品です!

 

こんなこと本当にあるの!? というドラマチックな高校生たちの日常と青春に、琴線が揺さぶられまくります。

いまティーンの若者にも、とうに青春を過ぎた大人にも、必ず響くところがある傑作だと思います。

 

現在AmazonプライムとU-NEXTでは配信されていないですが、ぜひDVDやブルーレイで観ていただきたい必見作!

 

おすすめですっ!

 

現在(2021年10月)Amazonプライムで『アメリカン・ティーン』の配信はありません

現在(2021年10月)U-NEXTで『アメリカン・ティーン』の配信はありません

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、夏に楽しむのがぴったりな青春映画の名作4選をご紹介させていただきました!

 

どの作品も、間違いなく楽しめるものばかり!

見逃していた作品などがあれば、ぜひこの機会にご覧いただければと思います!

 

ちなみに僕は、AmazonプライムU-NEXTを利用していますが、どちらも作品数が多く手軽に映画鑑賞ができてオススメですよ。

 

 

というわけで以上、「【Amazonプライム】夏に観たい青春映画の名作おすすめ【洋画】」でした!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまた。

 

U-NEXT|31日間 無料体験トライアル

お得なポイント

  • 31日間の無料お試し期間がある!
  • 21万本の映画・ドラマ・アニメが見放題!
  • 無料期間中に600円分のポイントが利用可能!

>> 日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

人気記事 【副業で稼ごう】やりやすい副業7選!【スキル不要】

人気記事 【映画業界・エンタメ業界】に強い求人サイト・転職エージェント3選 

 

\ ぜひこちらの応援クリックもお願いします! /

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

▶︎映画監督・脚本家|映像制作をやっています。 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-オススメ映画‼︎
-,

© 2021 映画監督|浅野晋康ブログ