シリーズ初体験‼︎ タイ旅行2019

【シリーズ初体験‼︎】はじめての海外ひとり旅2019(9)〜モンティエンホテルのカオマンガイ!〜

投稿日:10月 4, 2019 更新日:


モンティエンホテルのレストラン「ルエントン」。

モンティエンホテルのレストラン「ルエントン」。

 

ワット・パイロンウア(地獄寺)からの帰り道、パープルラインのタラード バン ヤイ駅から電車に乗って、地下鉄(MRT)に乗り換え、さらにBTSに乗り換えて、僕はバンコク市内に戻って来たのでした……。

 

【シリーズ初体験‼︎】はじめての海外ひとり旅2019(8)〜我が人生最大の危機!〜

 

 

 

RUENTON COFFEE SHOP

 

夕方、バンコク市内に戻った僕が目指したのは、再びのサラディーン駅

 

そうです。

あひる師匠からの指令を遂行するため、目当てのカオマンガイを食べに行くのです!

 

タニヤ通りの近くに、「モンティエンホテル」というホテルがある。

そして、そのホテルの中にあるレストランで、たいそう美味しいカオマンガイを出す店があるらしい!

それが本当に美味しいのかどうか?

ぜひ調査して来てくれっ!

 

というわけで、向かったのは昨日もやって来た「モンティエンホテル」の1階にあるレストラン「ルエントン」!

今日はお昼も食べていないので、お腹もぺこぺこです。

 

【シリーズ初体験‼︎】はじめての海外ひとり旅2019(4)〜あひる師匠からの指令〜

 

 

さっそくお店に入ると、まだ早い時間だからか店内も混み合っておらず、落ち着いて食事ができる雰囲気。

案内された席でメニューを見ていると、やって来たウェイターさんが聞いてきました。

 

カオマンガイ?

 

!!!

 

まだ言葉にしていないのに……な、な、なぜわかったんだ……!?

 

と、思わずびっくりして取り乱してしまうところでしたが……

ワット・パイロンウア(地獄寺)への日帰り旅を経て、ひと回りもふた回りも成長していた僕は、そんな動揺をうまく隠し、落ち着いた態度で返答します。

 

イエス。

 

……それから……シンハービールも、プリーズ。

 

オッケー。

 

そうして、厨房のほうへ去って行った店員さんの後ろ姿を眺めながら、僕はしみじみ思ったのでした。

 

僕もずいぶんと大人になったもんだなぁ……。

 

いつだって「成長」という現象につきものの「誇らしさ」と、同時に、喪失感にも似た少しばかりの「切なさ」を感じながら……。

 

なんていう話はどうでもよく、どうやらこのお店は日本人御用達になっているようでした。

僕が食事をしたときも、現地で働くスーツ姿の日本人グループが2組ほど会食していましたし、僕のように人づてだったりブログだったりを見て、「カオマンガイ」目当てにやって来る人が多いのでしょう。

それできっと店員さんもいきなり「カオマンガイ?」と聞いてきたのだと思います。

 

そんなわけで、シンハービールを飲みながら待っていると、噂のカオマンガイがやってきました!

 

かなりボリュームがあると思うぞ!

 

あひる師匠からはそう聞いていましたが、実際に目の当たりにすると、イメージしていたほどはボリュームを感じません。

お腹ぺこぺこだったからでしょうか?

 

ルエントンのカオマンガイ。

モンティエンホテルのレストラン「ルエントン」のカオマンガイ。

 

いままで食べたことのあるカオマンガイは、ワンプレートで出てくるものばかりだったのですが、こんなふうに定食スタイルで並んでいるのも面白いですね。

 

お肉も柔らかくて美味しいですし、炊き込みご飯も大盛りですが茶碗は大きくないので、お腹が減ってればペロリといけるくらいだと思います。

 

あと、数種類のタレが付いていて、いろいろ味比べをしながら食べるのが楽しいです。僕はちょっと辛めのタレが好きでした。

 

レストラン「ルエントン」の情報

RUENTON COFFEE SHOP

営業時間:24時間(カオマンガイの提供は、11:00〜22:30のみ)

アクセス:BTSサラディーン駅から、徒歩約7分ほど。

     駅からタニヤ通りを抜けた先、

     スリウォン通り沿いにあるホテル「モンティエンホテル」の1階。

住所:The Montien Bangkok Hotel, 54 Surawongse Road,Bangkok 10500,Thailand.

モンティエンホテル:http://www.montien.com/bangkok/main.php?getmenu=food&page=ruenton

 

 

 

ベトナムからやって来た女の子

 

食事を終えて、ぶらぶらとパッポン通りを駅のほうへ向かっていると……

突然、若い女の子が目の前に立ち塞がりました!

 

一杯飲んでいって!

 

呼び込みの女の子です。

軽くかわしても良かったのですが、とくに予定もなくひとりで気ままな時間を過ごしているだけなので、せっかくだから一杯だけ飲んでいくことにしました。

 

で、彼女に手を引かれて行ったのは、すぐ近くの通りに面したお店です。

屋外にテーブルとイスが並べられただけの小さなスペースで、並んで話をしながらお酒を飲むことになりました。

 

どこから来たの?

 

日本だよ。キミは?

 

私はベトナム。ハノイから来た。

 

なんと!

彼女は、ベトナムからタイに働きにやって来た21歳の女の子だったのです。

 

そう言われてみると……たしかに多くのタイ人女性に比べると色白ですし、雰囲気も若干違う気がします。

 

まさか、タイでベトナム人女性とお酒を飲むことになるとは思いませんでしたが、こんな出会いも旅の醍醐味ですね!

そんなわけで、英語でうまくコミュニケーションできないときはグーグル翻訳でベトナム語に変換したりしながら、楽しく話をすることになりました。

 

ベトナムとタイはどっちが暑いの?

 

ベトナムのほうが暑い! 40度以上になるから!

 

40度以上!?

 

ベトナム未経験の僕は「40度以上」と言われて驚いてしまいました。

日本も近年では灼熱の夏が当たり前になっていますが、さすがに「40度以上」と言われるとひるみます。

 

それは暑そうだね……ハノイでは家族と暮らしてたの?

 

そうだよ。

 

兄弟は?

 

弟がふたり、妹がふたりいる。下の妹はまだ小学生だし、みんなまだ学校に通ってるよ。

 

へえ……。

 

子だくさんです。

ベトナムの平均的な家族構成はわかりませんが、5人の子供を育てるのはやはり大変なことなのではないでしょうか。

 

彼女はもしかしたら、家族のためにタイに出稼ぎにやって来たのかもしれません……。

 

ベトナムに関して無知で傲慢な日本人旅行者である僕にはありきたりな想像力しか湧いてきませんが、家族のために苦労している若い女の子というステレオタイプなイメージに重ね合わせて彼女を眺めたとき、なんとなく気になって尋ねてみました。

 

タイは好き?

 

どんな返答がかえってくるかドキドキしていると、彼女はパッと笑顔になって言いました。

 

好きだよ! ベトナムよりも好き。それに……

4月の水かけ祭が最高に楽しいんだよ!

みんなで水をかけまくって超楽しかった!  最高だよ!

 

屈託ないその笑顔は、まだ10代のような幼さと純粋さを感じさせるものでした。

 

へえー、そうなんだね。楽しそうだなぁ。

 

またタイに来るなら、絶対に4月の水かけ祭のタイミングがいいよ!

 

そうだね。

 

じゃあ、約束ねっ!  来年の4月に来て!

一緒に水かけしようよ!  待ってるから!

 

そう楽しそうに言って、ベトナム・ハノイの女の子は笑っていたのでした……。

 

旅のメモ

タイの水かけ祭(ソンクラーン)

4月の旧正月に行われる「ソンクラーン」は、タイ全土で「水かけ」をする伝統行事。

(毎年4月13〜15日の3日間行われている)

近年では、街中で通行人同士が水をかけあって楽しむ「水かけ祭」として有名で、世界各国から旅行者が集まり盛り上がっている。

 

 

小一時間、そのお店で楽しくおしゃべりをした僕は、店を出てBTSの駅へと向かいました。

 

もし仮に、僕がまた来年の4月にタイにやって来たとしたら……

果たして、彼女は僕のことを覚えているのでしょうか?

 

1年近く前に、たった小一時間話しただけの日本人旅行者です。

毎日、イヤというほど目の前を通り過ぎていく外国人旅行者のひとりです。

 

おそらく、それなりに記憶力がいい人でも、さすがにそんな男の顔など明確には覚えているはずがないだろうと思うんです。

 

けれど、そんなふうに、別れてしまえば二度と思い出さない、再び会うことがあってもきっと覚えてなどいない……そんな人たちとの一瞬の邂逅が、僕の旅を彩っているのだと感じます。

そして同時に、

そんな旅行者たちと触れ合いながら日常を生きる彼女たちにとっては、僕の感傷など反吐がでるほど陳腐なものに感じられるのだろうとも思うのです。

 

色とりどりの明かりで輝くバンコクの夜の街角で、僕はフラフラと酔いにまかせてそんなことを考えながら、きっと叶うはずのない彼女との約束を胸に刻んだのでした……。

 

(つづく)

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

[映画監督・脚本家] ■株式会社ノックアウト所属 http://www.knockoutinc.net ■ブログ運営も楽しんでます ■ご連絡は、emmanuel.seisaku@gmail.comまでお願いします!

-シリーズ初体験‼︎, タイ旅行2019
-, , , ,

Copyright© ディレクターズカット , 2020 All Rights Reserved.