シリーズ初体験‼︎ タイ旅行 タイ旅行2019 海外旅行

はじめての海外ひとり旅(12)ワット・サマーン・ラッタナーラームからの帰り道

投稿日:10月 9, 2019 更新日:


ワット・サマーン・ラッタナーラーム

ワット・サマーン・ラッタナーラーム

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」ピンクのガネーシャを存分に堪能した僕は、行きと同様、ソンテウに乗ってチャチュンサオのバスターミナルまでやって来たのでした……!

 

 前回の記事はこちらへ! 

はじめての海外ひとり旅(11)ツアーじゃなくても楽しいピンクのガネーシャ!

 

タイ旅行のお役立ち情報はこちらからどうぞ!

 

 

ワット・サマーン・ラッタナーラームからバンコク市内への帰り道

 

チャチュンサオのバスターミナルに到着した僕は、チケット売り場でバンコク東(エカマイ)バスターミナル行きのロットゥ(乗り合いバン)のチケットを購入しました。

 

行きと同じく、99バーツです。

 

まだ出発までは時間があるかな……。

 

そう思いながら、乗り場のほうへ行き、なにげなく係りのおじさんに尋ねてみました。

 

エカマイ行きのロットゥは、どれですか?

 

すると!

 

アレだ! 早く乗れ、出発するぞっ!

 

なんだかよくわかりませんが、どうやら、まもなく出発する便にまだ空席がある模様です。

 

え⁉︎ これに乗ればいいんですか?

 

そうだ! エカマイ行きだよ。乗れ乗れっ!

 

あ、はい……。

 

戸惑いながらも、ロットゥーのドアを開けると……

車内にいたのは、みんな現地のタイ人ばかり!

 

マジか……。

 

見ると、はじっこの席がひとつ空いてました。

 

大丈夫かな……完全にアウェーだぞ……。

 

不安に思って、もう一度、今度は運転手さんに尋ねます。

 

これ……乗っていいの? 本当に、エカマイに行く?

 

行くよ! 乗れ! 出発するぞ!

 

……。

 

ここまで順調だった「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」への日帰り旅ですが、思いがけないところで緊張感が高まる事態に直面することになりました……。

 

仕方なく車内に乗り込み、現地のタイ人たちに囲まれます。

 

(ドキドキ)

 

そうして、しばらくすると……

ロットゥーが出発!

僕は、タイ人(約10名)に囲まれた車内で、ただただ無事にバンコクに帰り着くことを願ったのでした……。

 

 

パニック! ロットゥーが突然停車!?

 

僕の不安をよそに、走り出したロットゥーは順調に進んで行きました……。

 

良かった……これなら問題なくエカマイ駅まで行けそうだ。

 

そんなふうにホッとしたのですが……

小一時間経ったころ、なぜかロットゥーが突然停車したのですっ!

 

ん、どうしたんだ……トラブル発生か……?

 

いぶかしんでいると、乗客たちが次々に席を立ち、車を降りて行きます。

 

な、な、な、なぜだ? なにが起きているんだ……?

 

まさか……ここが終点?

 

ていうか、ここは、いったいどこなんだ……?

 

突然の事態に、思わずパニックになりかけていると……

乗客のひとりが教えてくれました。

 

ガソリン休憩だよ。10分くらいかかると思うよ。

 

落ち着いて外を見ると、たしかにそこはガソリンスタンドでした。

 

あ、そうなんだ……ありがとう……。

 

教えてくれた親切な好青年にお礼を言って、僕も車を降ります。

 

どうやら、とんでもない場所でロットゥーを降ろされるという最悪の展開ではなかったようです。

 

よかったぁ……。

 

ホッとして、隣接しているコンビニの前でひと息つくことに。

そして、10分ほどのガソリン休憩が終わると、乗客たちがぞろぞろと車に戻って行きます。

 

突然でびっくりしたけど、こういうのも悪くないなぁ……。

偶然に乗り合わせただけなのに、なんだか、みんなで一緒に旅をしているみたいだ。

 

日本にいたら想像すらしない場所で、まるで知らない異国の人たちと一緒に、一台のロットゥーを待ち、ともに乗り込んで、車に揺られて行くのです。

 

バスや電車でアジアからヨーロッパに旅をした沢木耕太郎さんの『深夜特急』みたいに、若いころに海外ひとり旅を経験することは、やはり大切なのでしょうね。

 

僕自身の10代20代のころを振り返りながら考えてみると、日本の日常生活のなかで若い自分が感じていた孤独感や気怠さや退屈さのようなネガティブなものが、もしかしてあのころひとりで海外旅行に行っていたら、まるで違うものへ変わった可能性があるなぁと思うのです。

 

「他者」と触れ合うことこそが、生きている実感に繋がるいちばん大切なことなんだなぁ。

 

そんなことを、タイ人に囲まれたロットゥーに再び乗り込みながら、僕はひとりひそかに思ったのでした……。

 

 

 

バンコク市内に帰還!

 

その後は、とくにハプニングもなく、ロットゥーは無事にバンコク市内へと到着!

しかし、時刻は夕方で、バンコクの渋滞がピークに差し掛かってきていました……。

 

この先、バスターミナルまでの道は、かなり時間がかかりそうだぞ……。

 

そう心配していると……

次第に乗客たちが、ひとりまたひとりと、「ここで降ろして」と運転手さんに伝えて適当に降りて行きます。

 

なるほど、その手があったか!

 

というわけで、僕もBTSの駅のそばでロットゥーを降り、ホテルの最寄り駅まで7駅ほど電車に乗ることに。

そうして、「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」への日帰り旅を終えたのでした……。

 

 

バンコクの夜を歩く

 

その後、ホテルに戻った僕は、部屋で少し休憩してから、夕食を食べに行こうと外に出たのですが……

いつの間にやら、雨が降ってます!

 

良かった! 早めに帰って来て正解だった!

 

さすがに昨日ほどの嵐ではありませんが、しとしとと雨が降っています。

 

今回の旅では、バンコク滞在中ほぼ毎日、夕方から夜にかけて1~2時間は小雨が降っていたように思います。

 

やはり雨季のバンコク。雨はそれなりに降るようですね。

 

旅のメモ

タイは、5〜10月が雨季。

旅行案内などで「雨が少ない乾季で快適」だとオススメされているのは、11〜2月頃。

 

というわけで、ホテルの部屋に備え付けられている傘を借りて、外出です。

 

この夜は、BTSプロムポン駅から直結しているデパート(エムクオーティエ)のフードコートで夕食を食べました。

 

BTSプロムポン駅前に飾られていた金色の象。

BTSプロムポン駅前に飾られていた金色の象。

フードコートで食べた夕食。

フードコートで食べた夕食。

 

そうして、食事を終えたあとは、雨があがった夜のバンコクをぷらぷらと散歩しました……。

 

気持ちよく歩いていると……

ちょうどBTSアソーク駅とナナ駅の中間あたりに、なにやら楽しそうなスペースを発見しました!

 

バンコクのナイトマーケット「ARTBOX」

バンコクのナイトマーケット「ARTBOX」

 

前回(2018年)の旅のときにはなかったものです。

 

ふらっと立ち寄ってみると、なかには雑貨店や食べ物の屋台が並んでいました!

会場に流れている心地よい音楽に導かれて奥まで行ってみると、小さなステージでは女性ボーカルとギターの2人組が演奏していて、その周囲では若者たちがカジュアルにその音楽を楽しみながらテーブルで食事をしています。

 

全体的に、とってもゆるーい雰囲気が漂う居心地のいい空間!

 

そんなナイトマーケットをぐるっと回ったところで、

 

さて、そろそろあそこに行ってみるか……。

 

そう考えた僕は、会場をあとにして、テクテクと再び歩き出しました……。

 

目指す場所は……

ナナプラザ!

 

そうして、その夜、僕はバンコク屈指の歓楽街「ナナプラザ」へと向かったのでした……。

 

(つづく)

 

タイ旅行のお役立ち情報です!

 

こちらもおすすめ!

新規入会&1回利用で10,000ポイント!

\ 国内・海外の空港ラウンジが無料で利用できる! /

 

はじめての海外ひとり旅(13)バンコクの歓楽街ナナプラザを調査!

 

 

人気記事 【副業で稼ごう】やりやすい副業7選!【スキル不要】

人気記事 【映画業界・エンタメ業界】に強い求人サイト・転職エージェント3選 

人気記事 【不安解消】初心者でも楽しめるタイ旅行!予算の目安は?

 

\ こちらも応援クリックお願いします! /

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村 

マリッシュ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • この記事を書いた人

Asano Yukiyasu

【映画監督・脚本家×ブログ】 ▶︎楽しくブログ運営&育成中! ▶︎演劇[エマニュエル]主宰 ▶︎株式会社ノックアウト所属 ▶︎ご連絡はemmanuel.seisaku@gmail.comまで!

-シリーズ初体験‼︎, タイ旅行, タイ旅行2019, 海外旅行
-, ,

Copyright© 映画監督|浅野晋康ブログ , 2020 All Rights Reserved.